「十二律」の版間の差分

編集の要約なし
 
'''十二律'''(じゅうにりつ)とは、[[中国]]や[[日本]]の伝統音楽の一二の標準楽音。[[三分損益法]]によって一[[オクターブ]]間に不完全な[[半音]]間隔で配された一二音。律とは本来、音を定める竹の管であり、その長さの違いによって十二の楽音の高さを定めた。[[周]]代において確立した。
 
中国の律を低いものから高いものへと並べ、西洋音楽の[[音名]]と対照すると以下のようになる(規準音である黄鐘をCとした場合。時代によって違い、あくまでも目安である)。
 
#'''黄鐘'''(こうしょう) - C
#'''応鐘'''(おうしょう) - B
 
なお十二律は[[陰陽]]に分けられ、奇数の各律は陽律であり、'''律'''と呼ばれ、'''六律'''(りくりつ)と総称される。偶数の各律は陰律であり、'''呂'''と呼ばれ、'''六呂'''(りくりょ)と総称される。よって'''律呂'''の名がある。
 
日本では、壱越(いちこつ)・断金(たんぎん)・平調(ひようじよう)・勝絶(しようせつ)・下無(しもむ)・双調(そうじよう)・鳧鐘(ふしよう)・黄鐘(おうしき)・鸞鏡(らんけい)・盤渉(ばんしき)・神仙(しんせん)・上無(かみむ)。
匿名利用者