「ママは小学4年生」の版間の差分

記事を加筆修正
(記事を加筆修正)
『'''ママは小学4年生'''』(ママはしょうがくよねんせい)は、15年後の未来からやってきた自分の赤ちゃんを小学4年生の少女が育てるという内容の[[SFアニメ|SFファンタジーアニメ]]である。ファンの間では'''ママ4(ママよん)'''と略される。[[サンライズ (アニメ制作会社)|サンライズ]]の制作で、[[1992年]][[1月10日]]から同年[[12月25日]]まで[[日本テレビ放送網|日本テレビ]]ほかで放映された。
 
== 概要 ==
[[タイムトラベル#タイムパラドックス|タイムパラドックス]]を基調としたSF作品のヒューマンドラマである。基本的には天真爛漫な赤ん坊に振り回される子供たちと、その子供たちにさらに振り回される大人たちという構図のコメディであるが、時折重厚なエピソードが散りばめられ、全体としては家族愛をテーマとする質の高いドラマに仕上がっている。
 
[[2007年]]現在、サンライズが女児向けに制作した作品は本作品のみである。SF作品としての要素は薄いものの、ドラマ性を高く評価され、[[1993年]]の[[日本SF大会]]の投票で[[星雲賞]]メディア部門に選出された。
 
本作の放送時間帯である金曜17時枠は永らく[[サンライズ (アニメ制作会社)|サンライズ]]制作枠であったが、本作をもって同枠での制作を終了している<ref>なお金曜17時のサンライズ制作のアニメは同作が終了した3カ月後に[[テレビ朝日]]へ移行(『[[機動戦士Vガンダム]]』開始)。</ref>。
 
また、同名の[[コミカライズ|漫画]]版が「[[ぴょんぴょん]]」[[1992年]][[1月]]号から、アニメ放映と時期を合わせて連載されていた。作者は[[中森衣都]]。ストーリーは漫画版のオリジナルで、絵柄も微妙に異なるものだった。単行本は小学館「[[ちゃお]]フラワーコミックス」より全2巻で発刊された。
 
== あらすじ ==
1992年、水木なつみは小学4年生。両親の都合でロンドンに引っ越すことになったが、手違いで一人だけ後から別の飛行機でロンドンに行くことになってしまう。一人で過ごす夜は嵐の夜。震えながらリビングでテレビを見ていると、突然の激しい落雷とともに赤ちゃんが現れる。一体なんのことかと呆然していると、赤ちゃんの荷物のコンパクトから「もしもし……もしもし」という母親らしき人からの声が……。
 
その声はとぎれとぎれで会話もままならないが、その声はなつみ自身で、赤ちゃんは15年後(2007年)の未来から来た自分の子供だということがわかる。ロンドンに行っている間に家の留守を任されたいづみおばさんは子供が嫌いで頼りにならない。なつみは赤ちゃんに「みらい」と名づけ、日本に残り、みらいを自分が育てるという一大決心をする。
 
みらいちゃんが起こす騒動に振り回されるなつみだが、喧嘩仲間の大介や親友のタマエとえり子、未来から来た育児アイテム、文句を言いながらも根は優しいいづみおばさんなどの助けもあって、経験のない育児の中でいろいろな事を学んでゆく。
だがある日、週刊誌ライターに赤ちゃんの存在を嗅ぎ突かれてしまう。マスコミに「10歳のママ」として取り上げられ、なつみの周辺に危機が迫る…。
 
だがある日、週刊誌ライターに赤ちゃんの存在を嗅ぎ突かれてしまう。マスコミに「10歳のママ」として取り上げられ、なつみの周辺に危機が迫る。折しも自称天才科学者江地さんのタイムマシンが完成間近となり、タイムスリップが起こるのはクリスマスの夜であることが判明した。マスコミや周囲の大人たちの悪意の中、なつみたちはみらいちゃんを無事に未来に返せるか……。
 
{{ネタバレ|スキップ=作動}}
; 水木なつみ
: [[声優]]:[[こおろぎさとみ]]
: 本作の主人公。10歳。夢が丘小学校に通う小学4年生の女の子。勉強はあまり好きではないが、絵と音楽が好きでスポーツ万能なクラスの人気者。快活で元気がよく、同年代の男子をケンカで負かすなどのおてんばな女のところもある反面、一人っ。10歳で育ったせいか、甘えん坊で寂しがりやの面もある
: 未来から来た自分の赤ちゃんを育てることになり、騒動に振り回される毎日を送るはめになるが、持ち前の元気と周りの助けで乗り切り、育児を通してさまざまなことを学び成長する。
; みらい
: 声優:[[吉田理保子]](0歳)、[[伊藤美紀 (声優)|伊藤美紀]](10歳。ドラマCDのみの登場
: 15年後(2007年)の未来からタイムスリップしてきた、大介となつみと大介の(未来の)娘。天真爛漫元気のいい好奇心旺盛赤ちゃんで、あちち動き回って母親ゆず騒動を引き起こし、なつみたち周囲を振回す
; 島村いづみ
: 声優:[[伊倉一恵|伊倉一寿]]
: なつみの叔母。20歳。漫画家の卵でデビューを目指している。[[アシスタント (漫画)|アシスタント]]の仕事をしながら、バイオレンス漫画を描いて売り込んでいる。しかし、本人描きたいと思うバイオレンス物よりなつみには少女漫画よりの暖かい漫画絵を描くほうが向いていると思われている。乱暴で大雑把な性格で、家事全般は大の苦手。犬と赤ん坊が大嫌いで、シリーズ開始当期で、なつみやみらいに子供じみた意地悪をしたりするなどおよそ大人とは思えない行動をとることが多くあったが、なつみやみらい彼女たちとの生活の中でを通して、少しずつ頼りになる優しい叔母さんとしになっ描かれることのほうが多なる。20歳。対外的にはみらいの未婚の母ということになっている。
; ボビー
: 声優:[[山崎たくみ]]
: 水木家の犬。幾度とらいピンチを救う名([[アイリッシュ・セッター]])。まだ若いがちょっととぼけたところがある。水木家ロンドンへ行っている間転勤の際、知り合いの家預けられるはずだことになったが逃亡、帰ってきた。犬嫌いのいづみには目の敵にされているが、みらいにはよき遊び相手で、しょっちゅうみらいの起こす騒動に巻き込まれてひどい目にあったり、みらいのピンチを救ったりしている。15年後の未来でも生きて登場している。
; 山口大介
: 声優:[[高乃麗]](10歳)、[[柴本浩行]](25歳)
: なつみのクラスメイト。後ろに束ねた長髪と左耳の[[ピアス]]が特徴的な男の子。しょっちゅうなつみのこをからかってはケンカばかりしているが、なつみとみらいがピンチに陥ったときは必ず助けてくれる。左耳に放映当時としては珍しい[[ピアスノートパソコン]]を操作ている。生みたり、ビデオ映像母親監督を務めたりは父の離婚で生き別れに、多芸多才っていところがある。実家は200年続く老舗の[[味噌]]屋である(おそらく。2歳の時に両親が離婚しなつみの将来の旦那様が誰か母親いう視聴者の興味を誘は生き別れになって人気を獲得する狙や未来の結婚相手をわかってしまうる。髪留め二人左耳将来ピアスは実母残した物である。シリーズ終了後のドランスCDでは同じく実母の残した髪飾りをなつみ影響がるとげてう設定があので)
: 大介がみらいの父親であることは、オープニングやシリーズ本編でほのめかされているが、視聴者に明示されるのは最終話のエンディングテロップにおいてである。
: 大介がみらいの父であることは最終回のEDテロップで明かされるのみで、本編でははっきりと提示されていない。しかし、プールでなつみとキス(実際には人工呼吸)するなど、数々の大介となつみの恋愛関係の発展を暗示する出来事を見れば、視聴者には大介がなつみと将来結婚し、みらいの父となることは明白である。また、OPに出てくるみらいの父親をよく見ると、大介同様左耳に赤いピアスをしているため、かなり早い段階で父親=大介と分かる視聴者も少なくなかったのではないかと思われる。
; 山口大平
: 声優:[[林玉緒]]
: 大介の異母弟。1歳。母親は大介の父の後妻。みらいにいつも遊ばれていて、やや苦手にしている
; 立花えり子
: 声優:[[白鳥由里]]
: なつみの幼馴染でクラスメイト。お嬢様風な雰囲気。特技はピアノ。
; 森タマエ
: 声優:[[丸尾知子]]
: なつみの幼馴染でクラスメイト。ぽっちゃりした体型の女の子で、本人も少し気にしている。なつみとえり子と仲良しで、いつも3人で一緒にいる。父親が中華料理屋を営んでいる。弟妹が多数大勢るせいか面倒見がよく、みらいのことを知ってからは、えり子と一緒になつみを助けてくれる。
; 立花えり子
: 声優:[[白鳥由里]]
: なつみの幼馴染でクラスメイト。なつみやタマエと仲良しである。物静かでおっとりしたお嬢様で、いささか世間ずれしているが、いざという時には冷静な行動をとるなど、芯の強いところもある。特技はピアノ。
; 深沢龍一
: 声優:[[篠原あけみ]]
: なつみのクラスメイト。クラスの委員長で成績優秀、スポーツも得意で真面目な性格で、なつみの憧れの人となっている将来は動物学者となりアフリカに行って[[マウンテンゴリラ]]の研究をすること志望し夢見ている。
; マリオ・ヴィットーリ
: 声優:[[金丸淳一]]
: なつみの隣の家に引っ越してきたイタリア人の転校生。転校早々なつみのことが好きであになり、いきなりキスをしてひっぱたかれた。なつみにつれなくされてもめげずに積極的に言い寄ってい。サッカーが得意で、チームのキャプテンだった大介を圧倒した。ミルク[[アレルギー]]のため赤ちゃんが苦手。
; ジュリエッタ・ヴィットーリ
: 声優:[[坂本千夏]]
: マリオの妹。4歳。宝物を集めるのが好きで、みらいを人形のマリアと勘違いしている。宝物を集めるのが趣味。大平を「ウーノ([[イタリア語]]1の意味)」と呼び、気に入って結婚したつもりでるなど、少しおませなところがある。
; 花田英夫
: 声優:[[山口勝平]]
: なつみの隣に住んでいるクラスメイト。いささか[[マザーコンプレックス|マザコン]]気味である。科学に強い興味を示すが、それ以外のことにはあまり関心がない。シリーズ終盤では江地の助手として活躍した。
; 高橋ちぐさ
: 声優:[[山崎和佳奈]]
: なつみたちの学校の児童で6年生。映画監督の父親を持ち、本人もテレビに出演する有名な子役で、気が強く女王様体質。下級生わがままなところがあり、大介からは「チグザード」と呼ばれるが、本人は大介のビデオ映像やアドリブ演技を高く評価してい
; 大川博司
: 声優:[[茶風林]]
: なつみたちの担任。27歳の独身男性。頼りないところはあるが生徒思いの先生で、なつみたちクラスの子供に慕われている。いづみと知り合い、彼女に好意を抱くようになる。
: なつみ達の担任。いづみに恋心を抱いている。
; 小野つる
: 声優:[[山田礼子]]
: 35話より登場のなつみたちの学校の教頭。彼女の教え子だった校長先生の要請で第2学期から転任して来た。年配で古風な衣装の女性教師。口うるさく規律に厳しいことから「オニヅル先生」とあだ名され恐れられるが、児童たちを愛する良き教育者である。
; 水木るり子
: 声優:[[川島千代子]]
: なつみの母いづみの姉。結婚前は有名な[[ファッションデザイナー]]であったが、なつみんだあとまれた後は仕事を辞めている。
; 水木浩三郎
: 声優:[[田原アルノ]]
: なつみの父。会社の都合でロンドンへ転勤することになった。
; 花田ミドリ
; 水木るり子
: 声優:[[川島千代京田尚子]]
: 英夫の母。息子を溺愛しており、かなり過保護なところがある。ご町内のスピーカ的存在で、シリーズ序盤ではみらいが来てやかましくなった水木家の様子を探りに来たりもした。
: なつみの母(いづみの姉)。結婚前は有名な[[ファッションデザイナー]]であったが、なつみを生んだあとは仕事を辞めている。
; 山口佐和子
: 声優:[[島本須美]]
: 大介の継母で大平の母。和服姿の優しい女性で大介にとても慕われている。最終話ではみらいを育てたなつみを褒め、「きっとみらいちゃんは未来に帰れるわ」と言ってなつみを励ました。
; 江地さん
: 声優:[[永井一郎]]
: 矢熊山の洋館に住んでいる(ただし、他人の土地である)自称天才科学者。[[鉄道ファン]]で[[C62]]をこよなく愛する。助手ロボットのツバメくん(声優:[[巻島直樹]])とともにタイムマシンをはじめ、さまざまな機械の製作にはげんでいる。シリーズ終盤では勝手に他人の土地に上がり込み、実験に失敗して洋館を爆破してしまったことが分かり、犯罪者として指名手配されてしまう。ほかにもなつみたちの学校の校舎にタイムマシンを突っ込ませ、壁に大穴をあけなど、周囲の迷惑をかえりみない行動が多い。15年後の世界ではタイムマシンを作るために金を集めて逃げた詐欺師として有名になっている。
; 横島
: 声優:[[大塚芳忠]]
: 週刊誌ライター。小学生が赤ちゃんを産んだというゴシップ記事を書き立ててマスコミを騒がせ、なつみたちを窮地に陥れる。名前通り、読んで字如く、邪(よこしま)な人物。
 
== 登場アイテム ==
: 未来のなつみと交信できる通信機。通信は向こうから行われる場合がほとんどで、現代から未来へと通信することは基本的に出来ない。コンパクトを開いて発射する光を浴びると、物体は一瞬時間が停止する。
; フルート
: 赤ん坊が泣き止む音楽(曲は[[ヨハネス・ブラームス|ブラームス]]の《[[子守歌 (ブラームス)|子守歌]]》)を奏でるフルート。それゆえに、のため赤ん坊が泣いているときにしか吹くことが出来ない。
; お世話バッグ
: 赤ん坊の考えていることを読み取り、オムツやミルクといった必要なものを出してくれるバッグ。異常に頑丈で自動車にひかれても傷一つ付いていなかった。
 
{{ネタバレ終了}}
 
== 主題歌 ==
* オープニングテーマ[[愛を+ワン|愛を+(プラス)ワン]]
** 作詞:[[岩谷時子]]、作曲・編曲:[[樋口康雄]]、唄:[[岩崎宏美|益田宏美]]
* エンディングテーマこの愛を未来へ
** 曲:[[ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト|モーツァルト]]作曲《[[ピアノソナタK.545]]》、作詞:[[岩谷時子]]、編曲:[[樋口康雄]] 唄:[[岩崎宏美|益田宏美]]
 
== 放送リスト ==
**『SUNRISE WORLD WAR Fromサンライズ英雄譚』プレイステーション2(2003年9月25日)
初登場はR。Rと2はなつみとみらいのみであったが、 WORLD WARではいづみ、江地も出演した。
 
 
== 備考 ==
{{独自研究|section=1}}
* 本作のオープニング・ストーリーボードは『[[機動戦士ガンダム]]』などで知られる[[富野由悠季]]が担当。富野が自作以外のオープニング絵コンテを担当したのは本作のみである。
** 富野は『[[聖戦士ダンバイン]]』のエンディングでも「裸」を用いているものの、オープニングで「裸」を出したのは今作が初である。みらいが冒頭で「裸」で登場する理由は「赤ちゃんの誕生」をイメージしており、背景の闇は「子宮」を暗示している。後に富野が手がける『[[機動戦士Vガンダム]]』(エンディング第2期)、『[[ブレンパワード]]』(オープニング)、『[[∀ガンダム]]』(エンディング第1期)でも「裸」が出ている為、本OPの影響は大きいと思われる。
 
== 関連商品 ==
* DVDママは小学4年生 DVD-BOX Vol.1」 2003年12月21日に[[バップ]]より発売、2003年12月21日
* DVDママは小学4年生 DVD-BOX Vol.2」 2004年3月15日に[[バップ]]より発売、2004年3月15日
* ドラマCDママは小学4年生~AFTER~」 [[1993年]][[11月21日]]に~音楽編~』[[ビクターエンタテインメント]]より発売、1992年5月21日
** 本編での使用曲を収録した[[サンウド・トラック]]集。
** 10歳になったみらいがママを訪ねて未来からやってくるという内容
* 漫画ドラマCD「ママは小学4年生(1)~AFTER~ ビクターエンタテインメント、1993年811に[[小学館]]より発売 ISBN 4-09-135261-821日
** シリーズ終了後の次の夏、10歳になったみらいがママなつみを訪ねて未来からやってくるという内容。後半はサウンド・トラック集CD未収録の曲を収録。
* 漫画「ママは小学4年生(2)」 1993年10月に小学館より発売 ISBN 4-09-135262-6
*『THIS IS ANIMATION Special ママは小学4年生』小学館、1993年3月、ISBN 4-09-101573-5
** 作品紹介のムック本
* 漫画『ママは小学4年生(1)』小学館、1993年8月、ISBN 4-09-135261-8
* 漫画ママは小学4年生(2) 小学館、1993年10月に小学館より発売 ISBN 4-09-135262-6
* <<110-122780>> ママは小学4年生 日本テレビ 番組宣伝テレホンカード(非売品)
* <<ホワイト加刷>> 0992 MOVIC ママは小学4年生テレホンカード(一般販売用)
456

回編集