「インベストメント鋳造」の版間の差分

rmv img emp, sty
(added 5 images)
(rmv img emp, sty)
[[ファイル:Lost Wax-Apple in bronze.jpg|thumb|5.]]
 
'''インベストメント鋳造'''(-(インベストメントちゅうぞう、Investment casting)casting)とは、[[鋳造]]方法のひとつで、複雑な形状の製品を簡易に製造できる手法として用いられる。別名、'''[[ロストワックス]]鋳造''' (Lost wax casting)。
 
まず鋳造する製品と同じ形状の原型を、ワックス([[蝋]])で製作する。この原型にはあらかじめ湯口の部分を作っておく。次に原型の周囲を[[磁器]]等で焼き固めて[[鋳型]]を造る。このとき原型のワックスは熱で融け出して消失する。こうして完成した鋳型へ溶融金属を流し込み、冷えた時点で鋳型を破壊すると[[鋳物]]が残り完成となる。
 
[[de:Wachsausschmelzverfahren]]
[[en:Investment CastingInvestment_Casting]]
[[es:Moldeo a la cera perdidaMoldeo_a_la_cera_perdida]]
[[fr:Cire perdueCire_perdue]]
[[it:Cera persaCera_persa]]
[[sv:Cire perdueCire_perdue]]
[[zh:失蜡法]]
[[ファイル:Example.jpg]]
23,756

回編集