「マリアーノ・メルガレホ」の版間の差分

m
編集の要約なし
(→‎逸話: への追加 )
m
'''マリアーノ・メルガレホ '''(Manuel Mariano Melgarejo Valencia,[[1820年]][[4月13日]] - [[1871年]][[11月23日]])は、[[ボリビア]]の政治家、軍人。「野蛮[[カウディージョ]]」の異名を持つ奇行と蛮行で有名な同国史上最も悪名高い[[独裁者]]である。
 
[[メスティーソ]]の非出子として[[コチャバンバ]]で生まれ、17歳で軍隊に入り[[ラパス|ラ・パス]]の軍司令官となった。1864年にそれまで影で権力を握っていた前大統領[[マヌエル・イシドロ・ベルス]]を暗殺し政権についた。大統領に就任すると[[メートル法]]の採用や蒸気機関の導入など近代化政策をとったこともあるが議会および地方の行政機関を解散させ政敵を弾圧。特に[[インディオ]]は共有地を解体されて奪われ、反乱をおこした住民は虐殺された。鉱業寡頭支配層に支持され自由貿易政策を取り、それまで保護されていた手工業を崩壊させた。
 
また奢侈と放蕩に耽るために自分の名を冠した紙幣を乱発し、[[アタカマ砂漠]]の硝石採掘権も[[チリ]]に売ってしまった(このことは後に[[太平洋戦争 (南米)|太平洋戦争]]の原因となる)。 こうしたことから1871年に[[アグスティン・モラレス]]がクーデターをおこし失脚させられる。追放され同年、亡命先の[[リマ]]で愛人の弟に暗殺された。
3,503

回編集