「アレックス・ハナム」の版間の差分

m
「采配を振るう」「采配を振るって」は誤用。
編集の要約なし
m (「采配を振るう」「采配を振るって」は誤用。)
その後ハナムは[[フィラデルフィア・セブンティシクサーズ|シラキュース・ナショナルズ]](後のフィラデルフィア・76ers)、[[サンフランシスコ・ウォリアーズ]]のヘッドコーチを経て、[[1966-1967シーズンのNBA|1966年]]には再び76ersのヘッドコーチに就いた。76ersではセルティックスを再び破って76ersに悲願の優勝をもたらすとともに、異なるチームで優勝に導いた史上初のヘッドコーチとなった。
 
1968年からはNBAのライバルリーグ、[[アメリカン・バスケットボール・アソシエーション (1967-1976年)|ABA]]の[[オークランド・オークス]]で采配を振る。ハナムのヘッドコーチ就任前年のオークスは22勝56敗の成績だったが、ハナムが指揮して1年目の1968-69シーズンには60勝18敗を記録する大躍進を遂げ、さらに優勝に導いている。
 
オークスでの指揮は1シーズンのみで、翌シーズンからは再びNBAに戻り、[[サンディエゴ・ロケッツ]]で2シーズン指揮した。1971年からはABA、[[デンバー・ロケッツ]]のヘッドコーチ兼[[ゼネラルマネージャー]]兼チームプレジデントに就任。1974年まで同職を務めた後、彼のコーチキャリアを終えた。
1,598

回編集