「江崎洋一郎」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
m
父は通産相などを務めた[[江崎真澄]]元衆議院議員で、異母兄の[[江崎鉄磨]]も自民党元衆議院議員である。
 
[[1981年]]に[[慶應義塾大学]][[法学部]]政治学科卒業し、[[日本興業銀行]](現[[みずほ銀行]])に入行。[[1986年]]から米国ブルッキングス研究所客員研究員を経て、[[1996年]]に[[落下傘]]ながら元[[日本の大蔵大臣・財務大臣一覧|蔵相]][[藤井裕久]]から中選挙区時代の地盤の一部を譲り受け[[新進党]]公認で[[第41回衆議院議員選挙|衆院選]]に出馬するも、落選。[[2000年]]、[[民主党 (日本 1998-)|民主党]]公認で[[神奈川県第12区]]から出馬し54,237票を獲得、前職[[桜井郁三]]([[自由民主党 (日本)|自民党]])の50,814票を抑え、初当選を果たす。
 
しかし、[[2002年]][[12月25日]]に[[熊谷弘]]、[[佐藤敬夫]]らと共に民主党を離党し、[[保守新党]]に参加。その際、[[小泉純一郎]]首相から「江崎君、ぼくは君のお父さんには世話になった。[[藤山愛一郎|藤山]]派で君のお父さんと僕の親父は一緒だった。選挙区もぼくの2つ隣り。君の評判はよく聞いているよ」と携帯電話で民主党離党を説得されたといわれる。
 
[[2003年]]、選挙区事情から[[第43回衆議院議員総選挙|総選挙前]]に自民党に移り、小選挙区を桜井郁三に譲り、比例代表南関東ブロック単独2位で当選。[[2005年]]の[[第44回衆議院議員総選挙|総選挙]]でも同じく衆議院比例代表南関東ブロック2位で当選する。地盤としていた選挙区では桜井とともに選挙活動を行っている(2003年、2005年とも比例単独候補)
 
[[2006年]][[6月]]、[[佐藤ゆかり]]衆議院議員と神楽坂のフレンチレストランで会食していた模様を[[週刊新潮]]にスクープされ、不倫デートと報じられた。江崎のボディータッチについて、佐藤は「散発的な不規則行為」「不倫ではなくセクハラ」とTVやHPで反論。その後、江崎は離婚。
10,032

回編集