「ママは小学4年生」の版間の差分

編集の要約なし
: 声優:[[伊倉一恵|伊倉一寿]]
: なつみの叔母。20歳。漫画家の卵でデビューを目指している。[[アシスタント (漫画)|アシスタント]]の仕事をしながら、バイオレンス漫画を描いて売り込んでいるが、なつみには少女漫画の暖かい絵を描くほうが向いていると思われている。乱暴で大雑把な性格で、家事全般は大の苦手。犬と赤ん坊が大嫌いで、シリーズ開始当初は、なつみやみらいに子供じみた意地悪をするなど、およそ大人とは思えない行動をとることが多かったが、彼女たちとの生活を通して、少しずつ頼りになる優しい叔母さんになってゆく。対外的にはみらいの未婚の母ということになっている。
: 第47話でバイオレンス漫画から転向し、なつみやみらいをモデルに描いた『チビっ子ママ』という作品を描いた。最終話ではこの作品によって新人賞を受賞した。本編終了後のドラマCDでは大勢のアシスタントを抱える売れっ子漫画家となったことが、タマエとえり子の口から語られている。
; ボビー
: 声優:[[山崎たくみ]]
: 声優:[[田原アルノ]]
: なつみの父。会社の都合でロンドンへ転勤することになった。
; 水木絹代
: 声優:[[鈴木れい子]]
: なつみの父方の祖母。田舎作った野菜を水木家に持ってくることがある。11人の子供を育てたという育児の大ベテランで、赤ちゃんのことにも詳しい。
; 島村小春
: 声優:[[竹口安芸子]]
: なつみの祖母でるり子といづみの母。ブティックを経営していて海外を飛び回っている。活動的で気が強いが、いづみと同じく犬が大の苦手。
; 花田ミドリ
: 声優:[[京田尚子]]
: 声優:[[永井一郎]]
: 矢熊山の洋館に住んでいる自称天才科学者。[[鉄道ファン]]で[[C62]]をこよなく愛する。助手ロボットのツバメくん(声優:[[巻島直樹]])とともにタイムマシンをはじめ、さまざまな機械の製作にはげんでいる。シリーズ終盤では勝手に他人の土地に上がり込み、実験に失敗して洋館を爆破してしまったことが分かり、犯罪者として指名手配されてしまう。ほかにもなつみたちの学校の校舎にタイムマシンを突っ込ませ、壁に大穴をあけるなど、周囲の迷惑をかえりみない行動が多い。15年後の世界ではタイムマシンを作るために金を集めて逃げた詐欺師として有名になっている。
; 横島英二
: 声優:[[大塚芳忠]]
: 週刊誌ライター。小学生が赤ちゃんを産んだというゴシップ記事を書き立ててマスコミを騒がせ、なつみたちを窮地に陥れる。名前通りの邪(よこしま)な人物。
** 作詞:[[岩谷時子]]、作曲・編曲:[[樋口康雄]]、唄:[[岩崎宏美|益田宏美]]
* エンディングテーマ《この愛を未来へ》
** 原曲:[[ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト|モーツァルト]]作曲《[[ピアノソナタK.545]]》、作詞:[[岩谷時子]]、作曲・編曲:[[樋口康雄]]、唄:[[岩崎宏美|益田宏美]]
 
== 放送リスト ==
456

回編集