「十二試二座水上偵察機」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
'''十二試二座水上偵察機'''(じゅうにしにざすいじょうていさつき)は[[愛知航空機]]と[[中島飛行機]]が試作した[[偵察機]]である。愛知が試作した機体の機体略番は'''E12A'''、中島が試作した機体の機体略番は'''E12NE12N'''、川西が計画した機体の機体略番は'''E12K'''。[[九五式水上偵察機]]の後継機として開発されたが、操縦性、安定性が悪く、ともに不採用になった。
 
 
* [[偵察機・哨戒機の一覧]]
 
 
{{大日本帝国海軍}}
{{DEFAULTSORT:しゆうにしにさすいしようていさつき}}
[[category:偵察機]]