「シュプレー川」の版間の差分

+テンプレートInfobox 河川(en:Spree 04:07, 9 August 2009 より)
(+テンプレートInfobox 河川(en:Spree 04:07, 9 August 2009 より))
{{Infobox 河川
[[画像:Karte des Flusses Spree.gif|thumb|シュプレー川]]
|名称=シュプレー川
[[|画像=[[ファイル:Berlin Spree Elsenbruecke View.jpg|thumb300px|ベルリンを流れるシュプレー川 2005年9月1日撮影]]
|画像説明=ベルリン市街
|水系等級=
|水系=[[エルベ川]]
|種別=
|延長=約400
|標高=
|流量=36
|観測所=
|流域面積=10,105
|水源=[[ラウジッツ山地]]
|河口=[[ハーフェル川]]
|流域=[[チェコ]]、[[ドイツ]]
|脚注=
|出典=en:Spree 04:07, 9 August 2009
}}
[[画像ファイル:Karte des Flusses Spree.gif|thumb|シュプレー川250px|流路]]
'''シュプレー川'''('''Spree''')(Spree)[[ドイツ連邦共和国]]を流れる[[川]]で、[[ハーフェル川]]の支流である。[[ザクセン州]]、[[ブランデンブルク州]]、[[ベルリン]]を流れる。全長は約400キロ<ref>水源によって多少の誤差がある。</ref>
 
== 流路 ==
'''シュプレー川'''('''Spree''')は[[ドイツ連邦共和国]]を流れる[[川]]で、[[ハーフェル川]]の支流。[[ザクセン州]]、[[ブランデンブルク州]]、[[ベルリン]]を流れる。全長は約400キロ(水源によって多少の誤差がある)。
[[チェコ]]との国境に近い[[ラウジッツ山地]]から流出に源を発上していくへ向かう。[[バウツェン]]、[[コトブス]]といった都市を通過したのち流れ、西へと向かって転じベルリンに入る。り、ベルリン郊外のベルリン・シュパンダウでハーフェル川に[[合流]]する。また、ヒュルステンヴァルデの付近で[[オーデル・シュプレー運河]]によって[[ポーランド]]側の水系である[[オーデル川]]と結ばれている。
 
==経路 地理 ==
オーデル川は河岸が低いため、コトブスの辺りから分流し、湿地帯が多く見られる。この辺りでは[[農業]]も盛んである。ハーフェル川に合流する直前に位置するベルリンでは、市街地の中心を流れるため、ベルリン市民の憩いの場を提供しとなっている。
[[チェコ]]との国境に近い[[ラウジッツ山地]]から流出し、北上していく。[[バウツェン]]、[[コトブス]]といった都市を通過したのち、西へと向かってベルリンに入る。ベルリン郊外のベルリン・シュパンダウでハーフェル川に合流する。また、ヒュルステンヴァルデの付近で[[オーデル・シュプレー運河]]によって[[オーデル川]]と結ばれている。
 
==地理 観光 ==
オーデル川は河岸が低いため、コトブスの辺りから分流し、湿地帯が多く見られる。この辺りでは[[農業]]も盛んである。ハーフェル川に合流する直前にベルリンの中心を流れるため、ベルリン市民の憩いの場を提供している。
 
==観光==
ベルリンでは遊覧船がでており、[[観光]]客を楽しませている。また、シュプレー川沿いには様々な公共施設が置かれ、とりわけシュプレー川中州北側地区([[ムゼウムスインゼル|ムゼウムスインゼル(博物館島)]])にある[[ベルリン国立博物館]]は、[[世界遺産]]に登録されている。
 
== 脚注 ==
{{reflist}}
{{commons|Spree}}
 
[[Category:ドイツの河川|しゆふれえかわ]]
[[Category:エルベ川水系|しゆふれえかわ]]
{{commons|Spree}}
 
[[br:Spree]]