「フーガの技法」の版間の差分

m (ロボットによる 変更: ko:푸가의 기법)
 
== 音楽 ==
フーガの技法の初版は、バッハの時代に一般的に使用された鍵盤楽器で演奏できるように作曲されていながら、オープンスコアで書かれており、しかも楽器指定がなされていない。これは当時の対位法的鍵盤作品にしばしば見られる形態であり、鍵盤以外の楽器で演奏されても良い旨を明言している作曲家もいた。また逆に協奏曲などを鍵盤用に編曲して演奏することもしばしばあった。こうしたことからバッハは、鍵盤独奏で演奏可能なフーガの技法について、いくつかの楽器の組み合わせによる演奏を容認していた可能性がある。現代では[[チェンバロ]]、[[ピアノ]]、[[オルガン]]、そして[[弦楽四重奏]]や[[オーケストラ]]など、様々な楽器の組み合わせで録音されたり、演奏されている。例えばWolfgang GraeserやHermann Scherchenはカノン以外の全てのフーガをオーケストラ用に編曲している。また2004年にはKenneth Amisがフーガとカノンを木管合奏用にアレンジしている。
 
未完成の最終フーガを除く全てのフーガは、上下[[転回 (音楽)|転回]]されたり装飾もしくは変形された主題をもとに書かれている。最終フーガの主題については、単純化された主題にすぎないとする説もある一方で、まったく別の主題であるとする説もある。一部の学者及び演奏家は後者の説に従い、未完成の最終フーガはフーガの技法とは別の、独立した作品であるとしている。
144

回編集