「シメオン・ドニ・ポアソン」の版間の差分

関連項目
m (ロボットによる 変更: ca:Siméon Denis Poisson)
(関連項目)
 
[[1808年]]と[[1809年]]にポアソンは、主要業績とされる幾つかの論文を[[科学アカデミー (フランス)|フランス科学アカデミー]]会報に発表した。1808年の ''Sur les inégalités des moyens mouvement des planètes'' では[[惑星]]の運動を取り扱い、ラプラスとラグランジェの提出した問題への解答を試みた。続く1809年には ''Sur le mouvement de rotation de la terre'' および ''Sur la variation des constantes arbitraires dans les questions de méchanique'' において、ポアソンはこれを発展させた。また[[1811年]]にはエコール・ポリテクニークでの講義録を2巻の書籍として出版した。
1832年には物理学上の貢献に対してイギリス[[王立協会]]より[[コプリ・メダル]]を贈られている。
 
== 外部リンク 関連項目 ==
* [[ポアソン比]]
* [[ポアソン過程]]
* [[ポアソンの法則]]
 
== 外部リンク ==
* [http://www-gap.dcs.st-and.ac.uk/~history/Mathematicians/Poisson.html ポアソンの伝記] {{En icon}}
 
匿名利用者