「古典古代」の版間の差分

m
編集の要約なし
m編集の要約なし
'''古典古代'''(こてんこだい / [[英語|英]] : ''Classical Antiquity)Antiquity'')とは、[[ヨーロッパ史]](西洋史)において[[古代]][[古代ギリシア|ギリシア]]・[[古代ローマ|ローマ]]時代を指す名称である。この時代に生み出された文化・文明が現在の[[ヨーロッパ]]文化の基盤になっていることに由来し、「古典的」という修飾句を冠することで他の古代(文化・文明)と区別したものである。
 
古典古代の文化は、先行して繁栄していた古代[[オリエント]]の文化([[エジプト文明]]および[[メソポタミア]]文明)からの大きな影響([[文字]]や[[鉄器]]の使用など)を受けて成立し、[[地中海世界]](特にその北半分)を中心に発展した。この地域からは[[アレクサンドロス3世|アレクサンドロスの帝国]]および[[ローマ帝国]]が台頭し、オリエント世界をも統合する大帝国を現出した。言語的側面から見れば、古典古代文化は[[古代ギリシア語]]および[[ラテン語]]による文化であった。