「火曜クラブ」の版間の差分

編集の要約なし
{{文学}}
『'''火曜クラブ'''』(かようクラブ、'''原題:The Thirteen Problems''' 米題:The Tuesday Club Mystery)は[[1932年]]に刊行された[[アガサ・クリスティ]]作品の短編集。題名は米題に合わせ『'''ミス・マープルと13の謎'''』とも訳される。[[ミス・マープル]]の初登場作『火曜クラブ』を含むマープルものの短編[[推理小説]]13編が収録されている。
 
== 概要 ==
本作は後述する3つの場面より構成されるが、最後の『溺死』以外は6名の登場人物が各々が真実を知る迷宮入り事件(ないし、それに類するもの)を話し、残りのメンバーがそれを推理するが、結局全てマープルだけが解いてしまうという展開である。ただし、マープルが話す事件は誰にも解けず、『バンガロー事件』は会の最中に推理が披露されない。
 
; 『火曜クラブ』から『聖ペテロの指のあと』まで
: マープルの甥レイモンド・ウェストが彼女の家を借りて主催する火曜クラブが舞台。
; 『青いゼラニウム』から『バンガロー事件』まで
: 火曜クラブのメンバーであるサー・ヘンリーによってマープルが客として招かれたバントリー夫妻の晩餐会が舞台。
; 『溺死』
: ジョイスの話。コーンウォールにいたジョイスは白い敷石の舗道に点々とした赤い血が付いていることに気づく。
; 動機対機会 - ''Motive v Opportunity''
: ペサリックの話。金庫で厳重に預かっていた遺言状が白紙に変わっていた。動機がある者は機会が無く、機会がある者は動機が無い。
; 聖ペテロの指のあと(聖ペテロの指の跡) - ''The Thumb Mark of St Peter''
: マープルの話。マープルの姪に夫殺しの噂がたった。マープルは姪の名誉を守るため、真相を調べる。
; 青いゼラニウム(青いジェラニウム) - ''The Blue Geranium''
: バントリー大佐の話。大佐の友人の妻は心霊術師に死を予言されていた。そして満月の夜、予言通りに死んだ彼女の部屋の壁紙のゼラニウムは一輪だけ青く変わっていた。
: サー・ヘンリーの話。ローゼン博士はある犯罪組織を潰したが、それによって報復を受け殺された。4人の容疑者のうち犯人は誰なのか?
; クリスマスの悲劇 - ''A Christmas Tragedy''
: マープルの話。クリスマスに水治療院を訪れたマープルは、そこで見かけた夫妻について夫が妻を殺すと予見する。そして、予想通りに妻が殺されるが夫にはアリバイがあった。
; 毒草(死の草) - ''The Herb of Death''
: ミセス・バントリーの話。ある資産家の食卓で食中毒が起こり、女の子が一人死亡する。原因は、食材に紛れ込んだ[[ジギタリス]]の葉だとわかったが・・・。