「スミソニアン協定」の版間の差分

編集の要約なし
m (ロボットによる 追加: it:Smithsonian Agreement)
'''スミソニアン協定'''(Smithsonian Agreement)とは、[[1971年]]12月に[[ワシントンD.C.]]の[[スミソニアン博物館]]で開かれた[[十ヵ国蔵相会議]]で決定した協定のこと。ここでの10カ国とは、[[国際通貨基金|IMF]]の10カ国グループ([[G10]])を指す
 
== 解説 ==
ここでの10カ国とは、当時の[[国際通貨基金|IMF]]の10カ国グループ([[G10]])を指す。
 
スミソニアン協定が有効である状態を'''スミソニアン体制'''と呼び、[[1973年]]まで継続した。
 
スミソニアン協定が結ばれた背景には、1971年8月に米国が米ドルの金との交換性を停止したことによる[[ブレトンウッズ体制]]の崩壊がある([[ニクソン・ショック]])。しかし、協定締結後もアメリカの貿易赤字の拡大などが続き、[[固定相場制]]そのものへの信頼性が低下。[[1973年]]2月には日本が[[変動相場制]]に移行。続く、3月には[[EC諸国]]も変動相場制に移行。ここにおいて、スミソニアン体制は完全に崩壊した
 
しかし、協定締結後もアメリカの貿易赤字の拡大などが続き、[[固定相場制]]そのものへの信頼性が低下。
 
[[1973年]]2月には[[日本]]([[田中角榮]]政権)が[[変動相場制]]に移行。続く、3月には[[EC諸国]]も変動相場制に移行。ここにおいて、スミソニアン体制は完全に崩壊した。
 
== 協定の内容 ==