「中村せん・りつ」の版間の差分

編集の要約なし
m
'''中村せん'''(なかむら-)と'''中村りつ'''(なかむら-)は、[[必殺シリーズ]]の登場人物である。同シリーズの主要な登場人物である[[中村主水]]の鬼嫁、およびその義母鬼姑義母鬼姑であるせんを[[菅井きん]]が、鬼嫁であるりつを[[白木万理]]が演じた。
 
このページでは中村家に関しても解説する。
 
== 中村せん ==
中村家先々代当主・中村主水の娘。同家先代当主・中村主水の妻。現当主・中村主水の鬼嫁・中村りつの母であり、主水の義理の母、姑に当たる。
 
早くに夫を亡くし、女手一つで子供たちを育てあげた。娘婿の中村主水に対しては、あまりにも怠惰な生活ぶりに手を焼いている。このだらしない娘婿を「ムコ殿!」(初期のシリーズでは「主水殿」と呼ぶこともあった)と叱責し、長々と中村家の由緒云々が語られ、(せんから見て)立派な先祖達の言行と主水の失敗を比較するのが決まったパターンである。もっとも、せんからすれば、主水に中村家の当主として立派に振舞ってほしいとの思いから行われる叱責である(主水が仕事人であることが露見しそうになり、せんとりつを連れて江戸から逃げようと家に帰った折、せんが主水を頼りにしていることを偶然聞いてしまい、逃げるのを止めて戦うことを決意するエピソードも存在する)。
 
== 中村りつ ==
中村主水の鬼嫁であり、中村家先代当主の中村主水・中村せん夫妻の長女。
 
せん曰く見合いの席で一目惚れして、北大路主水を婿養子に迎える(見合席で「これ(主水)でもいいか…」と妥協したという台詞もある)。主水の怠惰な性格には、母りつと共にまいっており、一緒に叱責するのが常だがりつとは違い、主水を陰でフォローしている。また、細面で馬面の主水をせんが貶すことがあるが、りつにとっては好みらしい。実際に、主水と二人きりの時には、主水に甘えたりもしている(後述の白木まりの発言も参照)。ただし、主水のへそくりをせしめたり、高価な着物を購入したりしていることもまた事実である。
匿名利用者