「金ヶ崎の戦い」の版間の差分

({{誰}}を無差別大量にはる荒らしの仕業のため)
このように当初は織田方が優勢に合戦を進めていたが、信長の義弟である盟友北[[近江国]]の[[浅井長政]]が突然裏切り、織田・徳川軍は越前と北近江からの挟撃という危機にみまわれた。織田軍が長政の裏切りを察知した理由については、近江・若狭方面の外交・諜報を行っていた[[松永久秀]]が浅井方の不審な動きに気づいて通報したと[[朝倉記]]には記載があるが、信憑性に疑問が持たれており実際には不明。[[お市の方]]が、両端を紐で結んだ小豆袋を信長に送り長政の裏切りを知らせたと言う逸話が知られているが、俗説というのが有力である。
 
通説ではこの時[[殿軍]]に自ら名乗りをあげたのが、[[豊臣秀吉|木下秀吉]](後の豊臣秀吉)であったと言われている。{{要出典範囲|しかし、実際は殿軍に[[摂津国|摂津]][[守護]]の[[池田勝正]]がいたため、秀吉が殿軍の大将だったとは考えにくい。勝正は信長の家臣団を率いても問題のない人物であるため、機動力の高い織田家馬廻衆に二引両旗など朝倉軍に奪われた場合に将軍家の権威が失墜するおそれのあるものを持たせて逃がし、本隊を[[池田勝正]]が率いて撤退戦を行ったとみられている。}}
 
織田信長が撤退した後の織田諸将の行動は非常に統率のとれたものであり、朝倉軍につけいる隙を与えず撤退時の被害を最小限に食い止めた。