「安威川」の版間の差分

茨木市の山間部になる上流は、奇石や滝などがつながる風光明媚な場所で、[[竜仙峡]]と呼ばれる。[[東海自然歩道]]などが整備され、夏などは釣りやハイキング、キャンプでにぎわう。秋の紅葉もみごとある。安威川の滝には、「龍仙の滝」がある。また、高槻市の[[芥川 (大阪府)]]上流の[[摂津峡]]も阿武山を越えたすぐ近くにあり、あわせてハイキングすることが多い。
 
 
なお、[[大阪府]]は、安威川上流の[[茨木市]]生保(しょうぼ)に治水と水道用水を目的として「安威川ダム」を建設中である。水没する生保集落・車作集落の移転先造成や、[[大阪府道・京都府道46号茨木亀岡線|大阪府道46号茨木亀岡線]]の付け替え工事が行われているが、[[オオサンショウウオ]]など貴重な生物が数多く棲む上流の自然が破壊される、ダムサイトに活断層があり地震で被害を受ける懸念がある、水需要が横ばいであり[[大阪府]]が財政難の今、新しいダム建設は無謀である、など反対意見も多い。
なお、[[大阪府]]は、安威川上流の[[茨木市]]生保(しょうぼ)に治水と水道用水を目的として「安威川ダム」を建設中である。61人が死傷した[[1967年]]の[[北摂]]豪雨をきっかけに治水ダムの計画が始まり、[[淀川]]に依存しない水源確保も目指して、平成25年([[2013年]])の完成を目指している。
これに対し[[大阪府]]は、ダムは治水目的でもある、建設を中止すればこれまでの投資が無駄になる、と建設を進める考えは変わらず、水需要の横ばいにあわせダムの規模を抑えて建設費を大幅節減することを決定している。
なお、[[大阪府]]用地の90%買収済みで安威川上流の[[茨木市]]生保(しょうぼ)に治水と水道用水を目的として「安威川ダム」を建設中である。水没する生保集落・車作集落の移転先造成や、[[大阪府道・京都府道46号茨木亀岡線|大阪府道46号茨木亀岡線]]の付け替え工事が行われているが、[[オオタカ]]や[[オオサンショウウオ]]など貴重な生物が数多く棲み風光明媚な上流の自然が破壊される、ダムサイトに馬場[[断層]]があり[[直下型地震]]で被害を受ける懸念がある、節水の普及で水需要が横ばいであり[[大阪府]]が財政難の今、新しいダム建設は無謀であり建設中止にすべき、など反対意見も多い。
これに対し[[大阪府]]は、ダムはまず治水目的である、建設を中止すればこれまでの投資がかえって無駄になる、と建設を進める考えである。[[2005年]]8月に変わらず府営水道の将来需要見直しのなかで安威川ダムに触れ、水需要の横ばいにあわせダムの利水規模を当初計画の日量7万トンから1万トン程度にまで縮小し、建設規模も抑えて建設事業費を大幅節減することを決定発表している。
 
== 流域 ==
匿名利用者