「アイトーリア」の版間の差分

m
ロボットによる 追加: sh:Etolija; 細部の編集
m
m (ロボットによる 追加: sh:Etolija; 細部の編集)
[[Imageファイル: Aetolia map.jpg|thumb|300px|right|アイトーリア]]
'''アイトーリア'''(または'''アイトリア'''、'''アエトリア'''、[[ギリシャ語]]:'''{{lang|el|Αιτωλία}}''', [[英語]]:'''Aetolia''')は、古代[[ギリシャ]]の山岳地方。現代の[[エトリア=アカルナニア県]](ノモス)の東部にあたる。
 
== 地理 ==
[[アヘロオス川|アケロース川]]を挟んで西に[[アカルナニア]]があり、北には[[イピロス]]と[[テッサリア]]、東には西[[ロクリス]]、南には[[コリンティアコス湾]]がある。
 
古代のアイトーリアは2つの地域に分けられた。アケロース川からエウエノス川([[:en:Evenus|Evenus]])の[[カリュドン]]までの西部をOld Aetolia、カリュドンから西ロクリスまでの東部をNew Aetolia(つまり後から獲得したアイトーリア)と呼ぶ。国土は沿岸部は平地で肥沃だが、山岳部は農業に適さず、野獣が多く、[[ギリシア神話]]では[[カリュドーンの猪]]狩りの舞台として有名である。
 
== 歴史 ==
最初はクレテス人([[:en:Curetes (tribe)|Curetes]])やレレゲス人([[:en:Leleges|Leleges]])として知られる人々が居住していたが、[[名祖]]となった[[アイトーロス]]に率いられたギリシャ人が[[エーリス]]から植民した。[[ハリカルナッソスのディオニュシオス]]は、アイトーリア人の古名をクレテス人、ロクリス人の古名をレグレス人としている<ref>Dionysius of Halicarnassus, ''Roman Antiquities, Book 1, 1'' at LacusCurtius [http://penelope.uchicago.edu/Thayer/E/Roman/Texts/Dionysius_of_Halicarnassus/1B*.html]</ref>。アイトーリア人は[[トアース]]王の指揮の下[[トロイア戦争]]に参加した。
 
<!--以下省略-->
 
== 代表的なアイトーリア人 ==
*アイトーロスのアレクサンドロス([[:en:Alexander Aetolus|Alexander Aetolus]]) - 紀元前280年頃全盛の詩人、文法学者。
*デモクリトス - アイトーリア戦争([[:en:Aetolian War|Aetolian War]])の将軍。
*アイトーリアのコスマス([[:en:Cosmas of Aetolia|Cosmas of Aetolia]], 1714年 - 1779年) - [[正教会]]の聖職者。
 
=== 神話・伝説の人物 ===
*[[アイトーロス]]
*[[アンドライモーン]]
*[[:en: Titormus|Titormus]] - 伝説上の羊飼い。
 
== 関連項目 ==
*[[アエトリア同盟]]
 
== 脚注 ==
{{Reflist}}
 
== 参考文献 ==
*Harry Thurston Peck's ''Harper's Dictionary of Classical Antiquities (1898)''.
 
[[pt:Etólia]]
[[ru:Этолия]]
[[sh:Etolija]]
[[uk:Етолія]]
251,053

回編集