「亜硫酸」の版間の差分

m
化学式のレンダリングの調整
m (反応式数式記述の typo 修正)
m (化学式のレンダリングの調整)
この反応の平衡定数は ''K''<sub>1</sub> = 1.3 × 10<sup>−2</sup> である。また、水溶液中では、亜硫酸水素イオンは2量化した構造との平衡にある<ref>Connick, R. E.; Tam, T. M.; von Deuster, E. (1982). "Equilibrium constant for the dimerization of bisulfite ion to form disulfite(2-) ion". ''Inorg. Chem.'' '''21''': 103–107. DOI: [http://dx.doi.org/10.1021/ic00131a020 10.1021/ic00131a020]</ref>。
 
:<math>\rm 2 HSO_3^- \ \overrightarrow\longleftarrow \ O_2S{-}SO_3^{2-} + H_2O</math>
 
亜硫酸イオンは溶存酸素と反応し、硫酸イオンとなる。
15

回編集