「IBM 650」の版間の差分

m
ロボットによる: 細部の編集
m (ロボットによる: 細部の編集)
[[Imageファイル:IBM-650-panel.jpg|right|250px|thumb|IBM 650の前面パネル(1956年製造) ランプが7個ずつ組になっている、すなわちバイクイナリ方式であることが分かる]]
'''IBM 650'''(アイビーエムろくごーまる)は[[IBM]]の最初の[[コンピュータ]]のひとつであり、世界初の[[大量生産]]されたコンピュータである。[[1953年]]に発表され、[[1954年]]の初出荷から生産終了の[[1962年]]までに2000システム以上が製造された。保守サポートは[[1969年]]に停止された。
 
== 概要 ==
650は、[[IBM]]の[[パンチカード]]機器([[タビュレーティングマシン]]の進化した IBM 604 などの機械)のユーザーに対してまともな[[コンピュータ]]へのアップグレードパスを提供する目的で設計された。
同時期に科学技術計算用の[[IBM 701]]と、[[磁気テープ]]装置を基本としたビジネス用の[[IBM 702]]がリリースされたが、650が最も多く製造された。1958年までに800台が販売されたが、これは当時世界で販売されたコンピュータ全体の半分以上を占める台数である。[[トーマス・J・ワトソン・ジュニア]]はこれを「コンピュータ界の[[フォード・モデルT|T型フォード]]」と称した。<ref>{{cite book|last = Watson|first = Thomas Jr.|coauthors = Peter Petre|year = 1990年|title = 'Father and Son & Co.'|publisher = Bantam Press|location = [[ロンドン]]}} 244ページ</ref>
* 60ワード分の容量の[[磁気コアメモリ]]。アドレスは 9000 から 9059。小さな高速[[記憶装置]](アクセス時間は96マイクロ秒で、ドラムの26倍の速さ)で、テープおよびディスクの[[入出力]][[バッファ]]として必要とされた。
* 3個の4桁サイズのインデックス・[[レジスタ (コンピュータ)|レジスタ]]。アドレスは 8005 から 8007。ドラムメモリやコアメモリを追加したとき、それらの拡張された空間にアクセスする手段として使われた。
*[[浮動小数点数|浮動小数点]]演算装置。8桁の仮数部と2桁の指数部のバイクイナリで浮動小数点数を表す。これで表せる範囲は &plusmn;±0.10000000E-50 から &plusmn;±0.99999999E+49 までである。
 
== ソフトウェア ==
[[ソフトウェア]]としては、[[FORTRAN]]の一種 FORTRANSIT がある。これは、[[コンパイラ|コンパイル]]結果としてIT(Interpretive Language)を生成し、さらにそれを SOAP(Symbolic Optimized Assembler Program)という[[機械語]]に一対一対応する言語にコンパイルする。他に BLIS(Bell Laboratories Interpretive System)、SPACE(Simplified Programming Anyone Can Enjoy)などのコンパイラがあった。
 
== 外部リンク ==
いずれも英文
* [http://www-1.ibm.com/ibm/history/exhibits/650/650_intro.html IBM Archives: Workhorse of Modern Industry: The IBM 650]
251,035

回編集