「IntelDX2」の版間の差分

m
ロボットによる: 細部の編集
m編集の要約なし
m (ロボットによる: 細部の編集)
[[Imageファイル:Intel 80486DX2 top.jpg|200px|thumb|Intel i486DX2-66マイクロプロセッサ、正面から]]
[[Imageファイル:Intel 80486DX2 bottom.jpg|200px|thumb|同裏側。金色のピンが並ぶ。]]
'''IntelDX2'''(インテルディーエックス2)は、[[Intel486]]シリーズの[[マイクロプロセッサ]]([[CPU]])。[[インテル]]が[[1992年]]に'''i486DX2'''として発売開始した。通称486DX2、DX2。
 
[[1994年]]には3倍にクロックダブリングしたIntelDX4が発売され、同時に、i486DX2はIntelDX2に改名された。
 
== クロックダブリング ==
DX2の基本技術は486DXと同一だが、これに新たにクロックダブリングと呼ばれる技術を追加した。この技術はCPU全体の[[クロック|クロック周波数]]を[[フロントサイドバス]]の2倍に引き上げるもので、同じバス周波数のi486DXベースのCPUよりも高速である。DX2はクロックダブリングをした最初のマイクロプロセッサである。
 
同様のCPU変更は、完成・販売したシステムに対しても可能である。このための交換用CPUが[[オーバードライブプロセッサ]] (ODP) である。486SXや486DX用に、内部がDX2のODPが販売された。
 
== ラインナップ ==
*i486DX2-50 (IntelDX2-50) : フロントサイドバスが25MHz、[[クロック|クロック周波数]]が50MHzのモデル
*i486DX2-66 (IntelDX2-66) : フロントサイドバスが33MHz、クロック周波数が66MHzのモデル
これ以後のCPUでは、複数のフロントサイドバス周期あたりのクロック周波数を実行するのが一般的である。
 
[[Imageファイル:80486dx2-large.jpg|none|thumb|400px|486DX2]]
{{Intel_processors}}
 
[[Category:マイクロプロセッサ|IntelDX2]]
[[Category:インテル|DX2]]
251,035

回編集