「アキュムレータ (コンピュータ)」の版間の差分

m
lang
m (lang)
{{Otheruses|コンピュータのレジスタ|蓄圧機|アキュムレーター}}
'''アキュムレータ'''([[英語{{lang-en-short|英]]: '''Accumulator'''}}は、[[コンピュータ]]の[[CPU]]の[[レジスタ (コンピュータ)|レジスタ]]の一種で、[[演算論理装置]]の演算結果を一時的に保持するレジスタである。アキュムレータのような役割のレジスタがないと、演算(加算、乗算、シフトなど)の結果を一々[[主記憶装置]]に書き込む必要があり、おそらく次の命令で即座にそれを読み出す必要が生じる。主記憶装置へのアクセスはレジスタに比べて時間がかかる。
 
アキュムレータ利用の典型例として、数列の総和の計算がある。アキュムレータの初期値をゼロにしておき、アキュムレータの値と数列上の各数値の加算結果をアキュムレータに保持する。数列の総和が求められた時点でアキュムレータの値を主記憶装置に書き込んだり、アキュムレータ以外のレジスタに書き込んだりする。
28,237

回編集