「Internet Control Message Protocol for IPv6」の版間の差分

m
→‎パスMTU探索 (Path MTU Discovery): link: Maxmimum Transmission Unit
m (ロボットによる: 細部の編集)
m (→‎パスMTU探索 (Path MTU Discovery): link: Maxmimum Transmission Unit)
 
== パスMTU探索 (Path MTU Discovery) ==
IPv6のパケット断片化は配送中のルータではなく、送信元のみで行われるので、送信元は配送される全経路で通過できるパケットのサイズ(パス[[Maximum Transmission Unit|MTU]])を知らなければならない。これを行うのがパスMTU探索である。
RFC 1981で規定されている。
 
369

回編集