「合気道」の版間の差分

編集の要約なし
m (技の説明を定義リストに変更)
'''合気道'''('''あいきどう''')は、日本古来の[[柔術]]・[[剣術]]をもとに[[植芝盛平]](1883年 - 1969年)によって創始された現代[[武道]]([[護身術]])である。植芝は幼少より武術の修行に勤しみ、'''起倒流柔術'''(きとうりゅうじゅうじゅつ)・'''柳生心眼流柔術'''(やぎゅうしんがんりゅうじゅうじゅつ)を修めた後、1915年、[[大東流合気柔術]]宗家[[武田惣角]](1860([[1860]] - [[1943年]])に入門、[[1922年]]教授代理を許された。以後、独自の修行を続け、[[1942年]]合気道の名称を用いる。戦後、のちに二代目道主となる[[植芝吉祥丸]]によって一般に普及され、知られるようになる(植芝盛平自身は普及には消極的であった)。植芝盛平が創始した(財)[[合気会]]は二代目道主植芝吉祥丸へと受け継がれを経て、現在の道主は植芝守央。植芝盛平のもとで修行した弟子達は、のちに独立しいくつか流派を形成している。(財)合気会以外の流派として、[[養神館合気道]]、[[氣の研究会]]([[心身統一合氣道]])、[[日本合気道協会]](富木流)等がある。
 
技は、体術・武器術(剣・杖)を含み、対多人数の場合も想定した総合武術である。その為、戦時中は旧[[陸軍中野学校]]や旧[[海軍]]大学校などでも科目として取り入られ、植芝盛平が教授を行っていた。戦後も、[[自衛隊]]の[[徒手格闘術]]や警察の[[逮捕術]]の技術に大きな影響を及ぼし、[[機動隊]]や警察[[特殊部隊]]などでも研修が行われている。
 
==大東流合気柔術との相違点==
技法や稽古法等は大東流合気柔術の形をほぼ継承している。大東流合気柔術、合気道ともに円の動きで技を仕掛けるが、大東流に比べ、合気道はより大きな円の動きで技を仕掛ける。これは植芝修行によって至った結論と思われる。
 
また入身技法等は起倒流柔術の影響が見られ、大東流合気柔術を基盤としつつも独自の[[武術]]を創始しようとした工夫の跡が確認出来る。
匿名利用者