「片岡仁左衛門 (11代目)」の版間の差分

編集の要約なし
{{歌舞伎役者
'''十一代目 片岡 仁左衛門'''(じゅういちだいめ かたおか にざえもん、[[安政]]4年[[12月4日 (旧暦)|12月4日]]([[1858年]][[1月18日]]) - [[昭和]]9年([[1934年]])[[10月16日]])は[[歌舞伎役者]]。明治から昭和初期にかけての名優で主に[[立役]]。屋号は[[松嶋屋]]、俳名に我當、萬麿。
| 芸名 = 十一代目 片岡 仁左衛門
| ふりがな = じゅういちだいめ かたおか にざえもん
| 画像ファイル = Nizaemon Kataoka XI 2.jpg
| 画像サイズ = 175px
| 画像コメント =
| 屋号 = [[松嶋屋]]
| 定紋 = 七ツ割丸に二引 [[Image:Nanatsu-wari Maru ni Ni-hiki inverted.jpg|50px]]
| 生年 = 1858
| 生月 = 1
| 生日 = 18
| 没年 = 1934
| 没月 = 10
| 没日 = 16
| 本名 = 片岡秀太郎
| 襲名歴 = 1. 初代片岡秀太郎<br />2. 三代目片岡我當<br />4. '''十一代目片岡仁左衛門'''
| 俳名 = 我當・萬麿
| 別名 =
| 出身地 =
{{和暦|1858}}、 父 = [[片岡仁左衛門 (8代目)|八代目片岡仁左衛門]]の四男として江戸[[猿若町]]に生まれる。
| 母 =
| 兄弟 = [[片岡仁左衛門 (10代目)|十代目片岡仁左衛門]]
| 妻 =
| 子 = [[片岡仁左衛門 (13代目)|十三代目片岡仁左衛門]]
| 当たり役 =
}}
 
'''十一代目 片岡 仁左衛門'''(じゅういちだいめ かたおか にざえもん、[[安政]]4年[[12月4日 (旧暦)|12月4日]]([[1858年]][[1月18日]]) - [[昭和]]9年([[1934年]])[[10月16日]])は[[歌舞伎役者]]。明治から昭和初期にかけての名優で活躍した[[歌舞伎役者]]。主に[[立役]]。[[屋号]]は[[松嶋屋]]。定紋は七ツ割丸に二引。俳名に我當、萬麿。本名は'''片岡 秀太郎'''(かたおか ひでたろう)
実子に[[片岡仁左衛門 (13代目)|十三代目片岡仁左衛門]]、門人に二代目[[河原崎権十郎]]、映画界に転じた[[阪東妻三郎]]、[[片岡千恵蔵]]がいる。
 
実子に[[片岡仁左衛門 (13代目)|十三代目片岡仁左衛門]]。<!--門人に二代目[[河原崎権十郎]]、映画界に転じた[[阪東妻三郎]]、[[片岡千恵蔵]]がいる。-->
 
==来歴・人物==
安政5年 (1858)、[[片岡仁左衛門 (8代目)|八代目片岡仁左衛門]]の四男として江戸[[猿若町]]に生まれる。文久元年 (1861)、<!--3歳(此れは満年齢?戦前はみな数えで歳を言ったので、却って混乱を招くことになるかと)。 -->本名の[[片岡秀太郎]]で初舞台。翌年<!--4歳。-->父と兄・[[片岡仁左衛門 (10代目)|三代目片岡我童]]とともに大坂へ移るが、翌文久3年 (1863) 父が死去。後ろ盾を失いながらも<!--「[[ちんこ芝居]]」-->子供芝居で修業を続ける。
 
明治5年 (1872) ごろから<!--14歳。-->大阪[[竹田の芝居]]などに出演、その才能が認められはじめる。2年後には兄とともに東京へ戻り、明治9年 (1876) 3月、[[中村座]]で三代目[[片岡我當]]襲名。その後東京と大阪を往復しながら活躍する。
{{和暦|1858}}、[[片岡仁左衛門 (8代目)|八代目片岡仁左衛門]]の四男として江戸[[猿若町]]に生まれる。
 
{{和暦|1861}}、<!--3歳(此れは満年齢?戦前はみな数えで歳を言ったので、却って混乱を招くことになるかと)。 -->[[片岡秀太郎]]の名で初舞台。
 
{{和暦|1862}}、<!--4歳。-->父、および兄・[[片岡仁左衛門 (10代目)|三代目片岡我童]]とともに大坂へ移る。
 
{{和暦|1863}}、<!--5歳。-->父が死去。<!--「[[ちんこ芝居]]」-->子供芝居で修業を続ける。
 
{{和暦|1872}}、<!--14歳。-->大阪[[竹田の芝居]]などに出演、その才能が認められる。
 
{{和暦|1874}}、<!--16歳。東京へ兄・我童とともに戻る。
 
{{和暦|1876}}、<!--18歳。-->3月[[中村座]]で三代目[[片岡我當]]襲名。その後東京と大阪を往復しながら活躍。
 
{{和暦|1895}}、<!--37歳。-->兄の死後、松嶋屋の芸の後継者として認められる。
 
{{和暦|明治28年 (1895) に兄が急死すると、松嶋屋の屋台骨を背負う重責を負うようになる。そして明治40年 (1907}})、<!--49歳。-->大阪[[角座]]で十一代目[[片岡仁左衛門]]を襲名するした
 
その後は東京に腰を据えて、歌舞伎座の座頭となり、[[中村歌右衛門 (5代目)|五代目中村歌右衛門]]、[[市村羽左衛門 (15代目)|十五代目市村羽左衛門]]とともに「[[三衛門]]」と謳われ、「[[團菊左]]」亡き後の東京歌舞伎を支えた。
十一代目の上京は、当時「五代目中村歌右衛門」の名跡を巡って大阪の[[中村鴈治郎 (初代)|初代中村鴈治郎]]と東京の[[中村歌右衛門 (5代目)|四代目中村芝翫]]との間に争いが起こり、仁左衛門は芝翫を支持したために、関西では飛ぶ鳥を落とすほどの人気を誇った鴈治郎の支持者に囲まれて日々が日増しに居辛くなったからだといわれている。
 
{{和暦|大正元年 (1912}}、) には<!--55歳。-->長男の[[片岡仁左衛門 (13代目)|片岡千代之助]]のためにもなるからと、私財を投じて片岡少年俳優養成所を設立。後継者を育成し、若手俳優への芸の伝承にも尽くした。 
 
同年、[[坪内逍遥]]作『[[桐一葉]]』を初演。以後[[新歌舞伎]]に力を入れ、『桜時雨』『名工柿右衛門』などを初演した。