「アベニュー946」の版間の差分

編集の要約なし
 
== 概要 ==
元々は2002年2月11日まで、全国大手百貨店[[長崎屋]]釧路店がテナントとして営業していた。長崎屋の閉店後、建物を所有する地元企業[[武田商事]]自身が直接経営・運営する地元大型商業施設となる。
 
== 沿革 ==
** [[1976年]]3月 釧路市内では初めて[[大規模小売店舗法]](後の[[大店立地法]]の前身にあたる法律)適用となる長崎屋釧路店が開店。
** [[2000年]]2月 [[長崎屋]]の会社本体が[[会社更法]]を申請、経営破たんにより店舗の見直しを余儀なくされ、全国の不採算店舗の閉鎖を決定。
** [[2002年]][[2月11日]] 釧路店も対象となり閉店となる(その後約1年半閉鎖状態)。
 
* [[2003年]]9月 食料品売場を核とし多数のテナントが入居する大型商業施設ビル アベニュー946として新たに起業・開店。テナントのひとつとして長崎屋(衣料部門のサンバードのみ)も店舗を再開した。
* [[2004年]]3月 長崎屋時代も含め、今まで一般客が出入り出来なかった5階フロアを屋内[[パークゴルフ]]場としてオープン。同じく従業員専用だった(唯一の)[[エレベーター]]施設も一般客に利用開放される。
* [[2006年]]9月 1階食料品売場の親会社である[[有限会社グリーンキャロット]]が釧路地方裁判所から破産宣告を受け撤退となり、またも食料品売場が再び休業するなる。
* [[2007年]][[2月17日]] 旧グリーンキャロット跡に[[アークスグループ]]の[[フクハラ]]アベニュー店が開店し、食料品売場が再々開される。
* [[2008年]] 長崎屋サンバード(衣料)釧路店が閉店し、再び釧路から撤退。
69

回編集