「パームボール」の版間の差分

編集の要約なし
m (ロボットによる 追加: ko:팜볼)
[[File:Palmball 1.JPG|thumb|パームボールの握りの例]]
'''パームボール''' (''Palm ball'')とは、[[野球]]で[[投手]]が投げにおける[[球種 (野球)#変化球|変化球]]の1つ。単に'''パーム'''とも呼ばれる。
 
== 投げ方 ==
「パーム」とは「手のひら」の意味で、[[]]を伸ばした状態で[[]]ひら[[親指]][[小指]]で(或いは[[薬指]]も使用して[[ボール (野球)#用具としてのボール|ボール]]を支え、手のひらで押し出すように投げる。その為、手の平のひらが柔らかかったり指が短人や[[投手]]が短い人などに向いている。但し投げる際の指の形握りが他の球種と大きく違うため[[打者]]に判別されやすく、[[]]に負担がかかりやすい球種でもある。
 
== 変化 ==
遅い球速は遅く[[回転]]も少なく、[[リリース]]直後から縦に大きく落ち始める。リリースの瞬間は手のひらを転がるため、高めに投げ出されるような錯覚を打者に与やすく高めそこから落ちる事で[[カーブ (球種)#ドロップ|ドロップ]]のようと同様に打者視線を上下に振られるさせやすい回転が少なに近く[[ナックルボール]]のように揺れて落ちる物や横回転が加わって[[スライダー (球種)|スライダー]]気味に変化する物もある。また、リリースが不安定になりやすいために投げる度に違う変化を見せる事もある。また、ボール自体の勢い弱いため、[[]][[湿度]]といった[[天候]]状態により変化の度合いが大きく左右され、投げ。主緩急違う変化付け見せ役割で使用され事もあ事が多いが、[[カーブ (球種)|カーブ]]や[[チェンジアップ]]と同様に球速が遅い為、タイミングを合わせられれば痛ると[[長され]]になりやすいため、主に緩急を付ける目的で使用される事が多い。パームを決め球として投げる投手としては[[帆足和幸]]、[[金村暁]]らが有名である
 
[[手のフォーム法]]の影響を大きく受ける変化球としても有名で西武の帆足の[[サイドスロー]]気味の[[スリー・クォーター]]から投げるパームはスライダーと間違われる位にクロスほど横方向に変化する。
 
== 歴史 ==
考案者については幾つか複数の説がものの、[[1948年]]に[[近藤貞雄]]が独特右手中指の神経損傷をきっかけに3本指での握りから投げた当時に言う「疑似チェンジアップ」であるという説が近藤亡き後も有力である。ちなみにその後近藤の場合は右手中指の[[神経1964年]]の損傷がきっかけで生まれたものである。その後、[[小山正明]]が[[1964年]]にパームを駆使して30勝を挙げ注目されるようになった。パームを決め球として使用する投手は多くないが、[[2009年]]現在で決め球として投げる投手としては[[帆足和幸]]や[[金村暁]]が有名である
 
== 参考文献 ==