「重要産業統制法」の版間の差分

編集の要約なし
(新しいページ: ''''重要産業統制法'''(じゅうようさんぎょうとうせいほう)は、 重要な産業の公正な利益を保護し国民経済の健全な発...')
 
'''重要産業統制法'''(じゅうようさんぎょうとうせいほう)は、
重要な産業の公正な利益を保護し国民経済の健全な発達を図る目的で制定された日本のかつての法律である。
同業者間の生産または販売の統制協定の締結を保護助成するもの、すなわち[[カルテル]]、[[トラスト]]の結成を奨励するものであった。
正しくは「'''重要産業ノ統制ニ関スル法律'''」。昭和6年法律40号。全文10箇条。
はじめは実施後5年間有効とされ、後に施行後10年間効力を有するものとされた。
 
==概要==
69

回編集