「東野峻」の版間の差分

編集の要約なし
|英語表記 =
|所属球団 = 読売ジャイアンツ
|背番号 = 1715
|選手写真ファイル名 =
|写真サイズ =
* [[2005年]]、[[2006年]]と故障が重なり、[[イースタン・リーグ|2軍]]でも打ち込まれることが多かった。
* [[ハワイ・ウインターリーグ]]に派遣され、同じドラフト7巡目の先輩[[林昌範]]の[[グアム]]自主トレに同行し迎えた[[2007年]]シーズンは、ファームのセットアッパーとして活躍、27試合に登板し[[防御率]]1.74という好成績を収める。[[9月13日]]には1軍に初登録、直後の[[東京ヤクルトスワローズ]]戦で初登板を果たした。しかし[[9月18日]]、阪神戦にてベンチ入りメンバーから外される。この際[[原辰徳]]監督に「お前は近い将来、巨人を引っ張っていくピッチャーだ。だが、今じゃない」と声をかけられ、これが励みになったという。
* [[2008年]]は[[オープン戦]]で先発として活躍、[[野間口貴彦]]、[[門倉健]]と先発6番手を争うものの、最終登板で結果を残せず開幕2軍となった。ちなみにこの年の先発6番手は野間口、門倉共にオープン戦で活躍出来なかったため[[オークランド・アスレチックス]]戦で活躍した[[栂野雅史]]となった。シーズン途中から一軍に帯同し、中継ぎで実績を積む。[[9月17日]]の[[横浜ベイスターズ]]第22回戦でプロ入り初先発。そして6回を投げ2[[安打]]7[[奪三振]]2[[四球]]2[[失点]](自責点2)でプロ入り初勝利を達成。9月23日、延長12回裏に登板して18球を投げ、ゲームを締めくくる。翌[[9月24日]]の[[広島東洋カープ]]第23回戦にて連投で先発マウンドに上がり、6安打9奪三振2四球2失点(自責点2)の成績でプロ初完投を記録するなど活躍。11月17日、来シーズンからの[[背番号]]を'''1715'''に変更することを発表。12月には[[磯山さやか]]と共に地元鉾田市から初代「鉾田大使」に任命された。
* 2009年7月14日のヤクルト戦で、プロ入り初の完封勝利を挙げた。
* 球団内でも有名なヘビースモーカーとなるほどの[[喫煙]]者であり、現在も[[禁煙]]には至っていない。また、度々インタビューなどで原監督が禁煙を促す発言をしている。東野本人は、本数を減らしてきたがやめたいと前向きに答えている。原監督は、先発ローテーションの条件では禁煙を挙げており、東野の課題となっている。
 
== プレースタイル ==
匿名利用者