「浅井亮政」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
| 主君 =
| 藩 =
| 氏族 = [[井氏]]
| 父母 = 実父:[[浅井直種|直種]] 母:不明<br />''養父:[[浅井直政|直政]]''
| 兄弟 = 不明
もともと近江守護職であった六角氏との対立は、亮政にとって不利であり、度々侵攻を許すことになったが、配下となった国人層を掌握してこうした侵攻をかろうじてしのいでいる。
 
===朝倉氏と同盟===
こうした六角氏からの圧力を受けている中、亮政は[[越前国|越前]]の[[朝倉氏]]と同盟を結んでいる。この同盟に関して成立時期など不明なところが多いが、同盟そのものがあったことはたびたび朝倉方から援軍が派遣されていた史料が存在する為、疑いようのない事実である。
 
この同盟により、浅井氏は六角氏との戦いに全力を傾注できるようになり、浅井氏の生残には大いに貢献した反面、孫の長政の代に織田氏と朝倉氏が対立した際、浅井氏が朝倉氏に味方して滅亡する遠因ともなった。
 
<!--
城や砦などの遺構から同盟関係を推察すると、浅井氏は朝倉氏に従属的な状態であったことがうかがえる。まず、浅井氏の城や付城の配置をみると江南や美濃付近に築かれており、越前国境付近にはほとんど城郭らしいものは存在しない。
 
また、[[小谷城]]をはじめ江北の城の土塁や堀には浅井氏や江北国人のものとは明らかに異なる築城技術が使われており[[一乗谷城]]をはじめとする越前の諸城に同じ技術によるものが多数発見されていることから朝倉氏が浅井氏に築城支援を行っていたものと考えられる。加えて小谷城に金吾丸という[[朝倉宗滴|朝倉教景]]が築いた曲輪の存在である。同盟関係があるとはいえ居城に他大名が曲輪を築くとは考えられず、浅井氏は朝倉氏に完全に従属していたとまでは言えないもののある程度従属的な状態にあったとみるのが妥当であろう。
 
完全に朝倉氏の支配下においてしまうと[[六角氏]]を必要以上に刺激してしまい[[六角氏]]と[[朝倉氏]]が直接的に争う事態が生ずるおそれがあり、かといって六角氏が勢力を伸張しすぎるのも好ましくないため守護格と一国人の同盟にしてはかなり有利な条件で同盟関係を結んでいたものと考えられる。
 
-->
=== 京極氏との和解と再対立 ===
一方で亮政が傀儡化した京極氏であるが、こうした亮政の専横に不満を募らせた京極高延が父高清と和解し、上坂氏をはじめとする反亮政派の国人衆らとともに亮政と対立するようになった。亮政は六角氏との対立もある中、更に京極氏と争う余力はなく、天文3年(1534年)に京極父子と和解している。