「色部久長」の版間の差分

m
 
== 色部家断絶・赦免 ==
戦後に米沢藩は新政府軍によって藩主であった[[上杉斉憲|斉憲]]はである[[上杉茂憲|茂憲]]に[[家督]]を譲って[[隠居]]する。新政府は藩から4万石を召し上げられる処罰を受け新政府軍より一連の戦犯について調査を命じられ、苦慮した結果、既に新潟の地で死亡している家老の色部を戦犯として届をした。これに不審を抱く新政府首脳の中には[[三条実美]]のように「信賞必罰」の立場から米沢藩改易を唱える意見もあったものの、茂憲自らが[[東京]]に出頭して軍資金3万新政府に提供献納するなどの姿勢を取っ運動した結果、斉憲が[[山内豊範]]の義父であることも考慮されたか最終的にそようやく改易を免が認められ、た。奥羽諸藩では戦犯者が処刑されるなか、米沢藩では色部のお陰で処刑される者を出さず済んだ。色部家は家名断絶されたために、子息康長は山浦氏名跡責任相続転嫁したが、明治16年こと許されよっ色部家が再興され、康長の長女が山浦氏を相続する形で康長被処刑者色部家に復帰なかった
 
戦後、色部家は家名断絶となったため、子息の康長は山浦氏名跡を相続する。明治16年には色部家再興が許されたため、康長は長女に山浦氏を相続させ、自らが色部家を再興した。
 
== 追念碑建立 ==
匿名利用者