「揚北衆」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
また、長尾氏(上杉氏)に降った後も[[本庄繁長]]や[[新発田重家]]・[[五十公野信宗]]のように主家と対峙する一族もあり、本庄氏は帰参を許されたが、新発田氏・五十公野氏は滅ぼされた。多くの一族は主家の移封(会津→米沢)に従って土地を離れ、[[米沢藩]]に仕えた。中でも本庄氏、色部氏、中条氏、竹俣氏は藩内の家格で最上位の侍組分領家に属して[[家老]]などの重職を輩出し、藩の中枢を担った。垂水氏は[[江戸時代]]前期に[[本多政重]]の家臣となって[[加賀藩]]に仕えた。
 
なお、室町時代から白河庄([[阿賀野市]](旧[[笹神村]]))を所領とした[[山浦氏]]([[山浦景国]]など:笹岡城)と[[千坂氏]]([[千坂景親]]など:鉢盛城)については、山浦氏は[[上杉氏#越後守護上杉家|越後守護上杉家]]庶流であり、千坂氏は元は[[上杉氏#犬懸上杉家|犬懸上杉家]]の家臣団筆頭(一説では犬懸上杉家庶流)で、越後に来てからは越後守護上杉家の四家老家の一つとして長尾氏と同格の家柄であったため、揚北衆には含まれない。
 
== 主な一族 ==
242

回編集