「シンプソンのパラドックス」の版間の差分

m
ロボットによる 追加: sl:Simpsonov paradoks; 細部の編集
m (Bot: HTMLタグによる強調指定などの修正)
m (ロボットによる 追加: sl:Simpsonov paradoks; 細部の編集)
この例について考えてみる。話を整理するためにいくつかの記号を導入する。
 
* 最初のテストでは、A君は解答した問題の60%(''S''<sub>A</sub>(1) = 60%)、B君は90%(= ''S''<sub>B</sub>(1) = 90%)が正解であった。つまりB君の方が正解率が高かった。
 
* 同様に、次のテストでは、A君は10%(''S''<sub>A</sub>(2) = 10%)、B君は30%(= ''S''<sub>B</sub>(2) = 30%)の正解率であった。どちらのテストもB君の方が正解率が高かった。
 
* しかし、2つのテストを合わせてみると、A君とB君は2人とも110の問題を解いていて、そのうちA君は61問(''S''<sub>A</sub> = 61/110)、B君は39問(''S''<sub>B</sub> = 39/110)が正解であった。
[[ru:Парадокс Симпсона]]
[[sk:Simpsonov paradox]]
[[sl:Simpsonov paradoks]]
[[zh:辛普森悖论]]
251,279

回編集