「外膜」の版間の差分

m
lang
m (ロボットによる 追加: lt:Adventicija)
m (lang)
 
[[Image:Illu esophageal layers.jpg|thumb|食道壁の層<BR>1.[[粘膜]]<BR>2.[[粘膜下層]]<BR>3.[[筋層]]<BR>4.外膜<BR>5.[[横紋筋]]<BR>6.Striated and smooth<BR>7.[[平滑筋]]<BR>8.[[粘膜筋板]]<BR>9.[[食道線]]]]
'''外膜'''(がいまく、英:adventitia)と{{lang-en-short|adventitia}})[[器官]]、[[血管]]、その他の構造における[[結合組織]]の最外層。例えば、tunica adventitiaと呼ばれる[[動脈]]を包む結合組織は動脈とは無関係であるとみなされている。外膜の役割はある程度は器官を包む組織の層である[[漿膜]]より優先する。腹部においては、腹部かあるいは腹部後方かにより器官を包む膜は外膜と漿膜に分かれる。
*腹部器官は漿膜に包まれる([[中皮]]の層、臓側[[腹膜]])。
*腹部後方の器官は外膜に包まれる(疎性結合組織)。
28,237

回編集