「ミスラ」の版間の差分

編集の要約なし
m (ロボットによる 追加: li:Mithras)
{{Otheruses}}
 
'''ミスラ''' (Miθra)(Miθra)とは[[イラン神話]]に登場し、英雄神として西アジアから[[ギリシア]]・[[ローマ]]に至る広い範囲で崇められた神。[[インド神話]]の神'''ミトラ''' (मित्र [mitra])と起源を同じくする、インド・イラン共通時代にまで遡る古い神格である。その名は本来「'''契約'''」を意味する。
 
本項では、イランでのミスラの他、インドのミトラやギリシア・ローマのミトラース(ミトラス)についても説明する。
{{Zoroastrianism}}
[[画像:Mithra&Antiochus.jpg|thumb|left|ミスラ(右側)]]
ミスラは、司法神であり、光明神であり、闇を打ち払う戦士・軍神であり、牧畜の守護神としても崇められた。「ミスラ」という語形は[[アヴェスター語]]形で、[[パフラヴィー語]]では'''ミフル''' (Mihr)(Mihr)、[[ソグド語]]では'''ミール''' (M(Mīr)r)、[[バクトリア語]]で'''ミイロ'''(Miiro)(Miiro)という。古くは[[アフラ・マズダー]]と表裏一体を成す天則の神だったが、[[ゾロアスター教]]に於いてアフラ・マズダーが絶対神の地位に高められると、ミスラは格下の中級神[[ヤザタ]]の地位に落とされた。中世の神学では特に司法神としての性格が強調され、千の耳と万の目を以て世界を監視するとされる。また、死後の裁判を司るという。
 
このようにゾロアスター教の正統神学では軽視されがちだが、民間での信仰は盛んで、ミスラを主神とする教団すら有った。
==他宗教への影響==
 
ミスラ信仰はギリシャやローマにも取り入れられた。[[ギリシャ語]]形・[[ラテン語]]形で'''ミトラース'''(Μίθρας [Mithras])と呼ばれ、[[太陽神]]、英雄神として崇められた。
 
その信仰は[[ミトラ教|ミトラス教]]と呼ばれる密儀宗教となって、[[1世紀]]後半から[[4世紀]]半ばまで隆盛を極めたが、[[キリスト教]]の普及とともに衰退した。
匿名利用者