「藤原道隆」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
 
[[永観]]2年([[984年]])8月、[[円融天皇]]が花山天皇に譲位すると、道隆は[[従三位]]に叙せられ、[[東宮]]([[皇太子]])となった懐仁親王の春宮権大夫に任じられる。
 
花山天皇の外祖父は兼家の亡兄の[[藤原伊尹|伊尹]]で、伊尹の子の[[中納言|権中納言]][[藤原義懐|義懐]]が外叔父となり天皇を補佐していた。花山天皇と外戚関係を持つ義懐は脅威であり、そのため、兼家は孫の懐仁親王の早期の即位を強く望んだ。
 
 
[[永祚 (日本)|永祚]]2年([[990年]])正月、道隆は長女の[[藤原定子|定子]]を一条天皇の女御として入内させた。同年5月に病のため兼家が関白を辞すると、代わって関白、次いで[[摂政]]となった。7月、兼家は死去する。
 
『[[古事談]]』などによると、兼家は自分の後継をどの息子にするかを腹心の[[藤原有国|藤原在国]](後の有国)、[[平惟仲]]、[[平国平]]と諮った。在国は胆力のある三男の道兼をふさわしいとした。一方、惟仲、国平は嫡庶の序によって長男の道隆を推した。結局、後継は道隆となり、この話を知った道隆は在国をはなはだ憎み、関白職に就くと直ちに在国父子の官を奪った。
 
 
正暦6年(995年)正月、二女原子を皇太子居貞親王(後の三条天皇)の妃とし、後宮政策の強化を図った。
だが、それから程無く、道隆は病に伏し、[[長徳]]元年(995年)3月9日、一条天皇に請うて嫡子の内大臣伊周を[[内覧]]とし政務を委任し後継者にしようとしたが、病中の内覧のみ許され、伊周に関白の位を譲る事は許されなかった。4月3日、関白を辞し、伊周の関白就任を再度奏上したがかなわなかった。同6日[[出家]]し、10日薨去。享年43。死因については、当時流行して多数の貴族の命を奪った[[疫病]]ではなく、酒の飲みすぎなどからきた[[飲水病]]([[糖尿病]])の悪化が偶々この時期に重なったものと見られている
 
だが、それから程無く、道隆は病に伏し、[[長徳]]元年(995年)3月9日、一条天皇に請うて嫡子の内大臣伊周を[[内覧]]とし政務を委任し後継者にしようとしたが、病中の内覧のみ許され、伊周に関白の位を譲る事は許されなかった。4月3日、関白を辞し、伊周の関白就任を再度奏上したがかなわなかった。同6日[[出家]]し、10日薨去。享年43。
 
死因については、当時流行して多数の貴族の命を奪った[[疫病]]ではなく、酒の飲みすぎなどからきた[[飲水病]]([[糖尿病]])の悪化が偶々この時期に重なったものと見られている。
 
道隆没後、その遺志に反して弟道兼が関白となり、以後、中関白家の急速な衰退が始まった。
 
== 人物 ==
『[[大鏡]]』や『[[枕草子]]』などによれば、道隆は大酒飲みで、軽口を好んだ朗らかな人であったらしく、不羈な一面もあった。『大鏡』は、[[藤原済時]]、[[藤原朝光]]を飲み仲間とし、道隆たちが酔っ払って人前で[[烏帽子]]を外した頭を晒した話を伝えている<ref>当時、無帽で人前に出ることは、はなはだ礼を失したふるまいとされた。</ref>。その一方で、容貌が端正だった上に、人への気配りが行き届く気の広さを持ち、薨去直前に宣命を伝えに来た蔵人頭[[源俊賢]]は、彼の優れた立ち居振る舞いを後々まで忘れずに口にかけたという。