「片岡仁左衛門 (11代目)」の版間の差分

編集の要約なし
また従前[[人形浄瑠璃]]においてのみの演目だった『大文字屋』や『鰻谷』を歌舞伎化するなど、新しい芝居を作る独創性に長けていた。初代中村鴈治郎とは一時不仲を噂されるほどの対立関係にあったが、それだけに芸のしのぎを削り合う相手として張り合い、互いに研鑚しあっていた。十三代目の著書には、晩年は舞台を共にし、公私にわたって仲が良かったと書いている。
 
昭和9年 (1934)、大阪で甥の子にあたる[[片岡我童 (13代目)|五代目片岡芦燕]]の襲名披露興行に出ている最中に倒れ、そのまま死去。76歳だった。墓所は[[池上本門寺]](東京都)。
 
==人物==
天才肌の名人だったが、個性が強く、[[市川團十郎 (9代目)|九代目市川團十郎]]や鴈治郎と衝突をくり返す問題児でもあった。團十郎の態度が癪にさわると、團十郎の前で傘を開いて[[助六]]の見得を切る(『助六』は市川宗家の[[お家芸]])。相方の口跡が気に入らないと、嫌みに台本を手に舞台に上がる。舞台に不要な物でも落ちていようものなら、これ見よがしにゴミ拾いをしながら舞台をつとめた。『熊谷陣屋』の弥陀六では、上手から刀を投げて舞台に出なければいけないのに、邪魔な奴が立っていると言ってはわざわざ下手から出て芝居をぶちこわす。『[[国姓爺合戦]]・紅流し』の和藤内では、片足をかける橋の欄干の高さが気に入らないと言っては化粧を落として帰宅する。こうした逸話には枚挙に暇がない。
 
<!--[[市川團十郎 (9代目)|九代目市川團十郎]]が関西で芝居を行った際、上方の主だった役者が團十郎に同座する中、仁左衛門だけは同座せず、一人、無人芝居に加わり、劇場の前で「大敵とて恐るるなかれ。小敵とて侮るなかれ」と大書した幟を立てて、士気を鼓舞するなど、負けず嫌いな面もあれば、-->そうした反面、立場の弱い者には損得勘定抜きで援助するという義侠心に富む面もあり、父に死に別れた[[實川延若 (2代目)|二代目實川延若]]や[[澤村宗十郎 (7代目)|七代目澤村宗十郎]]に特に目をかけて大成させたのも十一代目の功績である。
 
:[[片岡仁左衛門 (13代目)|十三代目片岡仁左衛門]]は、その著書『仁左衛門楽我記』の中で次のように述懐している:「あれは父のなくなる前の年でしたか、父が近々引退するらしいと言ううわさがたったことがありました。それを大阪で聞いたおじさん(初代鴈治郎)は、(中略)すぐその足で明舟町の家へ来られ『引退するてほんまか。引退なんかしたらあかん。体もよわるし、今からやめてどうするのや。もっともっと働いてくれな、どもならん』とまるで怒っているような語気で父に説いていられた姿が、今もまぶたに残っています。『せえへん、せえへん』と笑いながら答える父に、やっと安どしたように四方山の話をして、定宿の築地の細川に帰られたのは十時近かったと思います」(十三代目片岡仁左衛門著 『仁左衛門楽我記』 昭和57年 三月書房)
 
==芸風==
当り役は、丸本時代物では、『[[仮名手本忠臣蔵]]』九段目の本蔵、『[[菅原伝授手習鑑]]』「道明寺」の菅丞相と「寺子屋」の松王丸、『[[妹背山女庭訓]]』の大判事、『[[一谷嫩軍記]]』「熊谷陣屋」の弥陀六、『[[伊賀越道中双六]]』「沼津」の平作。和事、辛抱立役では『吉田屋』の伊左衛門、『近頃河原の達引』「堀川」の与次郎、「鰻谷」の八郎兵衛、「帯屋」の長右衛門、「吃又」の又平。新作では『[[桐一葉]]』の[[片桐且元]]、『桜時雨』の紹由、『名工柿右衛門』の柿右衛門。『[[伽羅先代萩]]』の政岡も当たり役だった。
 
どの役も至芸と呼ばれるもので、文字通り一代の名優だった。[[三宅周太郎]]の『片岡仁左衛門』の中に、[[尾上菊五郎 (6代目)|六代目尾上菊五郎]]のことばとして、「團菊没後の本当の名人は十一代目仁左衛門だよ」と記されている。[[岡本綺堂]]は『妹背山』の大判事を評して「いざ段切れのノリになって『倅清舟承れ』以下となると、そのめりはりのうまいいいノドは歌舞伎座の隅々迄鳴り響いた」(大正6年3月)と絶賛している。
 
狂言作家の[[食満南北]]は、その著書『作者部屋から』の中で十一代目と鴈治郎の興味深い比較をしている:「仁左衛門は初日の巧い役者であった。うして、だんだん舞台に飽てきて、遂に餅も下げもならぬものにしてしまた。鴈治郎は初日より二日目、二日目よりより三日目、だんだん研究して飽くことをしらなかた。仁左衛門は稽古にすこぶ叮嚀丁寧で舞台はやや粗雑であた。鴈治郎は稽古はどちらかといと嫌いの方だが、舞台では叮嚀丁寧であ」([[食満南北]]著 『作者部屋から』 昭和19年 宋栄堂、新字体現代仮名遣いに置換
:「あれは父のなくなる前の年でしたか、父が近々引退するらしいと言ううわさがたったことがありました。それを大阪で聞いたおじさん(初代鴈治郎)は、(中略)すぐその足で明舟町の家へ来られ『引退するてほんまか。引退なんかしたらあかん。体もよわるし、今からやめてどうするのや。もっともっと働いてくれな、どもならん』とまるで怒っているような語気で父に説いていられた姿が、今もまぶたに残っています。『せえへん、せえへん』と笑いながら答える父に、やっと安どしたように四方山の話をして、定宿の築地の細川に帰られたのは十時近かったと思います」(十三代目片岡仁左衛門著 『仁左衛門楽我記』 昭和57年 三月書房)
 
なお十一代目は自らの得意芸を選び「[[片岡十二集]]」にまとめている。<!--
「仁左衛門は初日の巧い役者であった。さうして、だんだん舞台に飽いてきて、遂に餅も下げもならぬものにしてしまつた。鴈治郎は初日より二日目、二日目よりより三日目、だんだん研究して飽くことをしらなかつた。仁左衛門は稽古に頗る叮嚀で舞台はやや粗雑であつた。鴈治郎は稽古はどちらかといふと嫌いの方だが、舞台では叮嚀であつた。」([[食満南北]]著 『作者部屋から』 昭和19年 宋栄堂)
 
{{和暦|1934}}、甥の四代目片岡我童([[片岡仁左衛門 (12代目)|十二代目片岡仁左衛門]])の子、五代目片岡芦燕([[片岡我童 (13代目)|十三代目片岡我童]]、死後十四代目片岡仁左衛門追贈)襲名披露出演中倒れ、大阪で死去。76歳。墓所は[[池上本門寺]](東京都)。
 
得意芸を選び「[[片岡十二集]]」にまとめている。<!--
*「石田局」「赤垣源蔵」「菅公」「清玄庵室」「吃又」「和気清麿」「木村長門守血判取」「馬切り」「一条大蔵卿」「堀川」「大文字屋」「鰻谷」
-->
 
{{先代次代2
|タイトル = [[File:Nanatsu-wari Maru ni Ni-hiki inverted.jpg|22px]]  <span style="color:#FFFFFF">[[片岡仁左衛門]]</span>  [[File:Oikake Go-mai Ichō inverted.jpg|22px]]
|背景色 = #839b5c999797
|先代名 = [[片岡仁左衛門 (10代目)|十代目片岡仁左衛門]]
|現代名 = 十一代目片岡仁左衛門<br /><small>1895–1934</small>
|次代名 = [[片岡仁左衛門 (12代目)|十二代目片岡仁左衛門]]
}}
-->
{{DEFAULTSORT:かたおか にさえもん11}}
[[Category:歌舞伎役者]]