「ローマもの」の版間の差分

m
読み 新しいセクション 誤字
(-Cat)
m (読み 新しいセクション 誤字)
'''ローマの素材'''(ローマのそざい)とは、[[ギリシア神話]]・[[ローマ神話]]および[[古代ギリシア]]、[[古代ローマ]]の歴史を題材とした[[中世]]の[[サイクル (文学)|物語群]]のこと。主に軍事的英雄である[[アレクサンドロス3世|アレクサンダー大王]]や[[ユリウス・カエサル]]に焦点を当てる物が多い。この分類は中世の詩人、[[ジャン・ボデル]]によるものであり、ボデルはこの他、物語群を「ブリテンの素材」([[アーサー王物語]]とほぼ同一)、「[[フランスの素材]]」に分類したことでも知られている
 
== 概要 ==
中世において、「ローマの素材」は[[古フランス語]]の文学でよく使われた題材であった。そこでは、この物語は「古典的なロマンス」と呼ばれていた。[[ロマンス]]という言葉には、「騎士道物語」や「恋愛物語」というニュアンスを含んでいるのだが、そのために中世の作品は[[時代考証]]において様々な誤りとおかしている。たとえば、武勲詩に登場する[[騎士]]たちとかなりの相違が見られるのであるが、[[アレクサンドロス・ロマンス]]やトロイア・ロマンス([[:en:Roman de Troie]])に登場するアレキサンダー大王やギリシアの英雄[[アキレウス]]は、[[騎士道]]を体現する英雄とみなされてしまっていた。また、中世的な文化である、人妻へ献身と愛情を示すという[[ミンネ|宮廷風恋愛]]までが作品のなかに投影されてしまっている。「テーバイのロマンス」([[:en:Romance of Thebes]])では原作には存在しないものの、[[パルテノパイオス]]と[[アンティゴネー]]との間に恋愛関係をもたらしてしまっている。また、戦争をする物語も多数存在し、[[馬上槍試合]]のシーンなども比較的良く見られる。
この分類は中世の詩人、[[ジャン・ボデル]]によるものであり、ボデルはこの他、物語群を「ブリテンの素材」([[アーサー王物語]]とほぼ同一)、「[[フランスの素材]]」に分類したことでも知られている。
 
中世において、「ローマの素材」は[[古フランス語]]の文学でよく使われた題材であった。そこでは、この物語は「古典的なロマンス」と呼ばれていた。[[ロマンス]]という言葉には、「[[騎士道物語]]」や「[[恋愛物語]]」というニュアンスを含んでいるのだが、そのために中世の作品は[[時代考証]]において様々な誤りとおかを犯している。たとえば、武勲詩に登場する[[騎士]]たちとかなりの相違が見られるのであるが、[[アレクサンドロス・ロマンス]]やトロイア・ロマンス([[:en:Roman de Troie]])に登場するアレキサンダー大王やギリシアの英雄[[アキレウス]]は、[[騎士道]]を体現する英雄とみなされてしまっていた。また、中世的な文化である、人妻へ献身と愛情を示すという[[ミンネ|宮廷風恋愛]]までが作品のなかに投影されてしまっている。「テーバイのロマンス」([[:en:Romance of Thebes]])では原作には存在しないものの、[[パルテノパイオス]]と[[アンティゴネー]]との間に恋愛関係をもたらしてしまっている。また、戦争をする物語も多数存在し、[[馬上槍試合]]のシーンなども比較的良く見られる。
また、[[アエネイス]]を題材とした中世フランスの作品では、もととなった[[ウェルギリウス]]の[[バーレスク]]も存在している。感傷的な要素や[[ファンタジー]]の要素を含むものも数を増している。たとえば、中世において最も有名な古代ローマ時代の作家、[[オウィディウス]]の[[パスティーシュ]]なども見られる。たおえば、[[クレティアン・ド・トロワ]]の作品と思われる「ピロメーラー」はオウィディウスの『[[変身物語]]』に登場する[[ピロメーラー]]と[[プロクネー]]の物語の再話となっている。
 
また、[[アエネイス]]を題材とした中世フランスの作品では、もととなった[[ウェルギリウス]]の[[バーレスク]]も存在している。感傷的な要素や[[ファンタジー]]の要素を含むものも数を増している。たとえば、中世において最も有名な古代ローマ時代の作家、[[オウィディウス]]の[[パスティーシュ]]なども見られる。たえば、[[クレティアン・ド・トロワ]]の作品と思われる「ピロメーラー」はオウィディウスの『[[変身物語]]』に登場する[[ピロメーラー]]と[[プロクネー]]の物語の再話となっている。
同じく時代考証的な誤りを犯している作品として、中英語で書かれた物語詩、『[[サー・オルフェオ]]』([[:en:Sir Orfeo]])が挙げられる。これはギリシア神話を元とした作品であるが、もともと音楽家である[[オルフェウス]]が騎士のオルフェオ卿という名前に変えられており、妖精の王から妻のヒューロディス(原作での名は[[エウリュディケー]])を救出する物語となっている。
 
同じく時代考証的な誤りを犯している作品として、中英語で書かれた物語詩、『[[サー・オルフェオ]]』([[:en:Sir Orfeo]])が挙げられる。これはギリシア神話を元とした作品であるが、もともと音楽家である[[オルフェウス]]が騎士のオルフェオ卿という名前に変えられており、妖精の王から妻のヒューロディス (原作での名は[[エウリュディケー]]) を救出する物語となっている。
 
{{DEFAULTSORT:ろまのそざい}}
 
{{DEFAULTSORT:ろまのそざい}}
[[Category:神話]]
[[Category:ヨーロッパの伝説]]
1,250

回編集