「第二次サウード王国」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
m
'''第二次サウード王国'''は、[[1824年]]から[[1891年]]まで存在した[[イスラム国家]]である。[[1818年]]に[[第一次サウード王国]]が[[オスマン帝国]]とエジプト軍によって滅ぼされた後、[[ワッハーブ派]]の[[トゥルキー・イブン=アブドゥッラーフ]]が[[リヤド]]に移って1824年に建国した。第一次サウード王国同様にワッハ-ブ派イマームを主君とする。
 
内紛が激しく、1891年に最後の王である[[アブドゥルラハマーン・イブン・ファイサル・アル・サウード]]が[[ナジュド]]北部の[[ラシード家]]からの実権回復よっ失敗してリヤドをわれたために滅亡した。
 
その後、[[1902年]]にリャド奪還に成功したアブドゥルラハマーン・イブン・ファイサル・アル・サウードの子により、[[1931年]]に[[サウジアラビア]]王国が建国された。
 
{{Islam-stub}}
954

回編集