「畠山政国」の版間の差分

編集の要約なし
'''畠山 政国'''(はたけやま まさくに、? - [[天文 (元号)|天文]]19年([[1550年]])?)は[[戦国時代 (日本)|戦国時代]]の[[武将]]。[[紀伊]]・[[河内]]の[[守護大名]]、[[戦国大名]]。[[本姓]]は[[源氏]]。[[家系]]は[[清和源氏]]の一家系 [[河内源氏]]の棟梁 [[鎮守府将軍]][[源義家]]の子 [[源義国]]を祖とする[[足利氏]]の[[庶流]] [[畠山氏]]。畠山尾州家の出身。[[畠山尚順]]の子で、[[畠山稙長]]・[[畠山長経|長経]]の弟。[[畠山晴熈|晴熈]]の兄。[[畠山高政]]・[[畠山政尚|政尚]]・[[畠山昭高|昭高]]の父。三郎。上総介、修理大夫、播磨守、尾張守。後昌院、花園宗貞。[[高屋城]]主。
 
畠山氏は[[室町幕府]][[管領|三管領]]のひとつであり、政国はその嫡流筋である。しかし、幕政においては曾祖父・[[畠山政長]]が[[細川政元]]に自害に追い込まれてより参画の機会を失い、また、畠山氏は嫡流の座をめぐって総州家と尾州家に分裂。尾州家有利といえども分裂状態は政国の代になってもなお解消されず、下剋上さえも起きる[[戦国時代]]にあって、守護の実権をめぐって重臣の権力争いに悩まされていた。
 
兄の稙長が畠山総州家の家臣[[木沢長政]]によって追放され、続いてもう一人の兄である長経が[[暗殺]]されると、長政により当主として擁立され、総州家の[[畠山在氏]]と協調して統治にあたった。しかし政国は在氏と同様[[傀儡]]であり、実権は長政や[[遊佐長教]]が握っていた。