「ママは小学4年生」の版間の差分

編集の要約なし
『'''ママは小学4年生'''』(ママはしょうがくよねんせい)は、15年後の未来からやってきた自分の赤ちゃんを小学4年生の少女が育てるという内容の[[SFアニメ|SFファンタジーアニメ]]である。略称は『ママ4(ママよん)と略される。[[サンライズ (アニメ制作会社)|サンライズ]]の制作で、[[1992年]][[1月10日]]から同年[[12月25日]]まで[[日本テレビ放送網|日本テレビ]]ほかで放映された。
 
== 概要 ==
[[タイムトラベル#タイムパラドックス|タイムパラドックス]]を基調としたSF作品のヒューマンドラマである。基本的には「天真爛漫な赤ん坊に振り回される子供たちと、その子供たちにさらに振り回される大人たち」という構図のコメディである<!--NOR, APT : が、時折重厚なエピソードが散りばめられ、全体としては家族愛をテーマとする質の高いドラマに仕上がっている-->。[[2007年]]現在、サンライズが女児向けに制作した作品は本作品のみである。<!--NOR, APT : SF作品としての要素は薄いものの、ドラマ性を高く評価され、-->[[1993年]]の[[日本SF大会]]で[[星雲賞]]メディア部門に選出される。
 
本作の放送時間帯である金曜17時枠は[[サンライズ (アニメ制作会社)|サンライズ]]制作枠であったが、本作をもって同枠での制作を終了している<ref>金曜17時のサンライズ制作のアニメは同作が終了した3カ月後に[[テレビ朝日]]へ移行(『[[機動戦士Vガンダム]]』開始)。</ref>。
 
本作のオープニング・ストーリーボードは[[富野由悠季]]が担当した<ref>自作以外のオープニング絵コンテを富野が担当したのは本作のみ。オープニングで「裸」を出したのは今作が初である。</ref>。
また、同名の[[コミカライズ|漫画]]版が「[[ぴょんぴょん]]」[[1992年]]1月号から、アニメ放映と時期を合わせて連載されていた。作者は[[中森衣都]]。ストーリーは漫画版のオリジナル<!--NOR, APT : で、絵柄も微妙に異なるものだった-->。単行本は小学館「[[ちゃお]]フラワーコミックス」より全2巻で発刊された。
 
また、同名の[[コミカライズ|漫画]]版が「[[ぴょんぴょん]]」[[1992年]]1月号から、アニメ放映と時期を合わせて連載されていた。作者は[[中森衣都]]。ストーリーは漫画版のオリジナル<!--NOR, APT : で、絵柄も微妙に異なるものだった-->。単行本は小学館「[[ちゃお]]フラワーコミックス」より全2巻で発刊された。
本作のオープニング・ストーリーボードは[[富野由悠季]]が担当する<ref>富野が自作以外のオープニング絵コンテを担当したのは本作のみである。富野がオープニングで「裸」を出したのは今作が初である。</ref>。<!--NOR, APT : みらいが冒頭で「裸」で登場する理由は「赤ちゃんの誕生」をイメージしており、背景の闇は「子宮」を暗示している。後に富野が手がける『[[機動戦士Vガンダム]]』(エンディング第2期)、『[[ブレンパワード]]』(オープニング)、『[[∀ガンダム]]』(エンディング第1期)でも「裸」が出ている為、本OPの影響は大きいと思われる。-->
 
本作のエンディングは[[ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト|モーツァルト]]の『[[ピアノソナタK.545]]』をベースにアレンジされたものである。<!--NOR, APT : 非常に優しくゆったりとした、アニメから離れても立派に子守唄として通じる出来になっている。本放送当時特にクラシック音楽による「[[胎教]]」がブームとなっていた。-->
<!--NOR, APT : 本放送開始当時、『[[少年アシベ]]』([[TBSテレビ|TBS]])のゴマちゃん役でブレイクしたこおろぎが「ゴマちゃんが人間の声をしゃべる作品」と本作品をテレビ雑誌などで紹介され、話題となった(当然こおろぎはこの作品以前にも人間の役の声を多数演じている)。-->
<!--NOR, APT : 最終回は[[1992年]][[12月25日]]放映に設定され、作中でもクリスマスのエピソードであったが、実は[[12月11日]]に[[報道特別番組]](当時の[[宮沢内閣]]改造に伴うニュース)が入ったため、ずれるはずであった。しかし、日本テレビが気を利かせたのか[[12月18日]]の放送を1時間SPとして第49話・第50話を連続して放送。無事[[クリスマス]]の12月25日にクリスマスのエピソードを放送出来た。-->
最終回でみらいはタイムスリップした直後に送り返されるため、未来のなつみは自分の娘がタイムスリップしたことには気づいていない。しかしながら、本編中ではいなくなった娘(みらい)を心配する未来のなつみからの通信が来るシーンが何度かある<!--NOR, APT : ため、この矛盾に対する解釈がファンの間で分かれることとなった。大きく分けると「未来が変わったため、通信をしていた未来のなつみの世界は無かったことに」という説と「通信をおくってきた未来のなつみの世界とは別の未来([[パラレルワールド]])になった」という説の二つ。「1年も過去にいた赤ん坊の成長に母親が気づかないのか」との指摘もある。-->
<!--NOR, APT : 『ママは小学4年生』というタイトルから、幼い子供が妊娠や出産を経験して本当に母親になる(『[[14才の母]]』や『[[コドモのコドモ]]』のような展開)と勘違いしたアニメファンも多く、関連雑誌での注目度はイマイチだったが、後に口コミで人気が広まっていった。-->
放映終了後に小学館から出版されたムック本『ママは小学4年生~みらい絵日記~』で、中森衣都が<!--後日談とも言える-->書き下ろし漫画を数ページ描く。その中でみらいの10歳違いの弟、太助が登場する。使用曲は、「[[マジカル頭脳パワー!!]]」の「マジカルアート伝言バトル」で使用される。
 
{{ネタバレ|スキップ=作動}}
== あらすじ ==
1992年、水木なつみは小学4年生。両親の都合で[[ロンドン]]に引っ越すことになったが、手違いで一人だけ後から別の飛行機でロンドンに行くことになってしまう。一人で過ごす夜は嵐の夜。震えながらリビングでテレビを見ていると、突然の激しい落雷とともに赤ちゃんが現れる。一体なんのことかと呆然していると、赤ちゃんの荷物のコンパクトから母親らしき人からの声がする。
 
だがある日、週刊誌ライターに赤ちゃんの存在を嗅ぎ突かれてしまう。マスコミに「10歳のママ」として取り上げられ、なつみの周辺に危機が迫る。折しも自称天才科学者江地さんの[[タイムマシン]]が完成間近となり、[[タイムスリップ]]が起こるのは[[クリスマス]]の夜であることが判明した。マスコミや周囲の大人たちの悪意の中、なつみたちはみらいちゃんを無事に未来に返せるか。
{{ネタバレ|スキップ=作動}}
 
== 登場人物 ==
; 水木なつみ
: [[声優]] - [[こおろぎさとみ]]
: 本作の主人公。10歳。夢が丘小学校に通う小学4年生の女の子。勉強はあまり好きではないが、絵と音楽好き得意でスポーツ万能なクラスの人気者。快活で元気がよく、同年代の男子をケンカで負かすなどのおてんば転婆なところある反面、一人っ子で育ったせいか、甘えん坊で寂しがりやの面もある。
: 未来から来た自分の赤ちゃんを育てることになり、騒動に振り回される毎日を送るはめになるが、持ち前の元気と周りの助けで乗り切り、育児を通してさまざまなことを学び成長する。
; みらい
; ボビー
: 声優 - [[山崎たくみ]]
: なつみの愛犬([[アイリッシュ・セッター]])。まだ若いがちょっととぼけたところがある。水木家のロンドン転勤の際、知り合いの家に預けられることになったが戻ってきた。犬嫌いのいづみには目の敵にされている。みらいのよき遊び相手となっているが、しょっちゅうみらいの起こす騒動に巻き込まれてはひどい目にあっている。15年後の未来でも生きて登場している。
; 山口大介
: 声優 - [[高乃麗]](10歳)、[[柴本浩行]](25歳)
: なつみのクラスメイト。後ろに束ねた長髪と左耳の[[ピアス]]が特徴的な男の子。しょっちゅうなつみのことをからかってはケンカしているが、なつみとみらいがピンチに陥ったときは必ず助けてくれるなど、いざという時には頼りになる存在。放映当時では珍しかった[[ノートパソコン]]を操作したり、ビデオ映像の監督を務めたりと、多芸多才なところがあを見せる。実家は200年続く老舗の[[味噌]]屋。2歳の時に両親が離婚し、生みの母親とは生き別れになっている。髪留めと左耳のピアスは実母の残した物である。本編終了後のドラマCDでは同じく実母の残した髪飾りをなつみにあげている。
: 大介がみらいの父親であることは、オープニングや本編の中でほのめかされている(左耳のピアス等)が、視聴者に明示されるのは最終話のエンディングテロップにおいてである。
; 山口大平
: 声優 - [[林玉緒]]
: 大介の異母弟。1歳。母親は大介の父の後妻。大介に甘えていてしょっちゅうよく彼について回っている。みらいにはいつも遊ばれていて、やや苦手にしている。
; 森タマエ
: 声優 - [[丸尾知子]]
: なつみの幼馴染でクラスメイト。ぽっちゃりした体型の女の子で、本人も少し気にしている。なつみとえり子と仲良しで、いつも3人で一緒にいる。父親が中華料理屋を営んでいる。妹が大勢いるせいか面倒見がよく、みらいのことを知ってからは、えり子と一緒になつみを助けてくれる。
; 立花えり子
: 声優 - [[白鳥由里]]
: なつみの幼馴染でクラスメイト。なつみやタマエと仲良しである。物静かでおっとりしたお嬢様で、いささかズレたところがあるが、いざという時には冷静な行動をとるなど、芯の強いところを見せることもある。特技は[[ピアノ]]で学校の音楽会にも参加している。
; 深沢龍一
: 声優 - [[篠原あけみ]]
: なつみのクラスメイト。クラスの委員長で成績優秀、スポーツも得意で真面目な性格で、なつみの憧れの人となっている。将来は動物学者となりアフリカに行って[[ゴリラ|マウンテンゴリラ]]の研究をすることを夢見ている。
; マリオ・ヴィットーリ
: 声優 - [[金丸淳一]]
: なつみの隣の家に引っ越してきたイタリア人の転校生。転校早々なつみを好きになり、いきなりキスをしてひっぱたかれた。なつみにつれなくされてもめげずに積極的に言い寄っている。サッカーが得意で、チームの得点王だった大介を圧倒した。ミルク[[アレルギー]]のため赤ちゃんが苦手。
; ジュリエッタ・ヴィットーリ
: 声優 - [[坂本千夏]]
: マリオの妹。4歳。宝物を集めるのが好きで、みらいを人形のマリアと勘違いしている。大平を「ウーノ([[イタリア語]]で「1」の意味)」と呼び、結婚したつもりでいるなど、少しおませなところがある。
; 花田英夫
; 高橋ちぐさ
: 声優 - [[山崎和佳奈]]
: なつみたちの学校の児童で6年生。映画監督の父親を持ち、本人もテレビに出演する有名な子役。気が強くわがままなところがあり、大介からは「チグザード」と呼ばれるが、ちぐさ本人は大介のビデオ映像やアドリブ演技を高く評価していた。
; 大川博司
: 声優 - [[茶風林]]
: なつみたちのクラス4年2組の担任教師。27歳の独身男性。頼りないところはあるが生徒思いの先生で、なつみたちクラスの子供に慕われている。いづみと知り合い、彼女に好意を抱くようになる。
; 小野つる
: 声優 - [[山田礼子]]
: なつみたちの学校の夢が丘小学校の教頭。彼女の教え子だった校長先生の要請で第2学期から転任して来た年配で古風な衣装の女性教師。児童たちを愛し、常に筋を通そとすさく良き教育者だが、規律に厳しく口やかましいからころがあり、生徒には「オニヅル先生」とあだ名され恐れられる。いづみとはそり合わず児童たちなつみやみらい愛する良き教育者でめぐって口論したこともあるが、最終話でいづみが週刊誌ライターの卑劣な言動に激怒して殴り飛ばした時は、「お見事です!」といって彼女を賞賛した
; 校長先生
: 声優 - [[達依久子]]
: 夢が丘小学校の校長を務める女性教師。教頭のオニヅル先生は彼女の女学校時代の先生だが、いづみの入院で、なつみが学校でみらいを世話していたことが発覚した時は、オニヅルの性急な意見を退け、学校会議で決を採ることを提案した。生徒の気持ちを思いやる一方で、生徒と教師の間に立って公平な態度をとることができる優しい先生。
; 水木るり子
: 声優 - [[川島千代子]]
: なつみの母でいづみの姉。結婚前は有名な[[ファッションデザイナー]]であったが、なつみが生まれた後は仕事を辞めている。
; 水木浩三郎
: 声優 - [[田原アルノ]]
; 水木絹代
: 声優 - [[鈴木れい子]]
: なつみの父方の祖母。田舎作った野菜を水木家に持ってくることがある。11人の子供を育てたという育児の大ベテランで、赤ちゃんのことにも詳しい。
; 島村小春
: 声優 - [[竹口安芸子]]
 
== 登場アイテム ==
玩具展開のために本作品では、みらいといっしょにタイムスリップしてきた未来の育児道具グッズが登場したする。説明書の類は無いのでく、ストーリー進行に伴う偶然や試行錯誤によって徐々に機能が明らかになっていく。作中の未来は、現実の21世紀(2007年)よりも科学技術が格段に発展している模様。
; コンパクト
: 15年後のみらいの父親(大介)が組み立てた。未来のなつみとすることができる通信機。通信は向こう未来から行われる場合がほとんどで、現代から未来へと通信することは基本的に出来ない。コンパクトを開また、みらて発射が泣き出したり、危険が迫ったりすると警報が鳴りだし、みらいのいる方向を音と光で教えてくれる上、鏡の部分には、現在のみらいの状態が3種類の表情パターン(笑い・泣きべそ・大泣き)のイラストで表示される。さらに鏡からは星形の光が飛び出し、一定の時間内、この光を浴びると、物体は一瞬時間が停めることができる。中にある小型エネルギーユニットには、夢が丘の1年分に相当する電力が入っておりいて後にタイムマシンの動力源として用いられることになる。
; フルブロ
: コンパクトの子機。2個でセットとなっていて、1つはみらいの胸に、もう1つは未来のなつみのもとにある。通信機能がついていて、子機とコンパクトの間で会話ができる。また、お世話バッグのセンサーと連動して、みらいが欲しがっているものを探知することもできる。
; ごきげんフルート
: 赤ん坊が泣き止む音楽(曲は[[ヨハネス・ブラームス|ブラームス]]の《[[子守歌 (ブラームス)|子守歌]]》)を奏でる。そのため赤ん坊が泣いているときにしか吹くことが出来ない。
; お世話バッグ
: 星形の形状をしたバッグ。上部についているハートマークのセンサーを引き出してブローチに当てると、赤ん坊の考えていることを読み取り、オムツやミルクといった必要なものを取り出してくれるバッグ。異常に頑丈で自動車にひかれても傷一つ付いていなかった。
; オルゴール
: 未来からの育児グッズではなく、第1話でなつみのロンドン転校に大介からもらった贈り物。本作品のエンディングテーマ《この愛を未来へ》のメロディが流れ、みらいはこれを聴くとおとなしくなって寝てしまう。15年後の未来でも登場した。
 
{{ネタバレ終了}}
日本テレビ-[[札幌テレビ放送|札幌テレビ]]-[[テレビ岩手]]-[[山形放送]]([[テレビ朝日]]系列との[[クロスネット局]])-[[宮城テレビ放送|ミヤギテレビ]]-[[福島中央テレビ]]-[[テレビ新潟放送網|テレビ新潟]]-[[テレビ信州]]-[[静岡第一テレビ]]-[[中京テレビ放送|中京テレビ]]-[[テレビ金沢]]-[[讀賣テレビ放送|よみうりテレビ]]-[[広島テレビ放送|広島テレビ]]-[[西日本放送]]-[[福岡放送]]-[[長崎国際テレビ]]-[[熊本県民テレビ]]/[[沖縄テレビ放送|沖縄テレビ]]([[フジテレビジョン|フジテレビ]]系列)
 
ネットした系列局でも遅れネットとな地方によたところて放映日時異なてい一方で、系列外で場合放送したところがある。ちなみに山形放送以外のクロスネット局や非マストバイ局の大半放映されなかった。また青森県では、本来の日本テレビ系列局である[[青森放送]]ではなく、本放映わっ了後に[[青森朝日放送]]([[テレビ朝日]]系列)で放映された。
 
なお、青森県では本来の日本テレビ系列局である[[青森放送]]がネットせず、本放送終了後に[[青森朝日放送]](テレビ朝日系列)が放送した。
 
==ゲーム==
**『SUNRISE WORLD WAR Fromサンライズ英雄譚』プレイステーション2(2003年9月25日)
初登場はR。Rと2はなつみとみらいのみであったが、 WORLD WARではいづみ、江地も出演した。
 
== その他 ==
<!--NOR, APT :* 主役を演じたこおろぎさとみは、作品放送開始当時、『[[少年アシベ]]』([[TBSテレビ|TBS]])のゴマちゃん役でブレイクしも演じていこおろぎが。そのため本作品はテレビ雑誌などで、「ゴマちゃんが人間の声をしゃべる作品」と本作品をテレビ雑誌などで紹介され話題となった(当然。実際には、こおろぎはこの作品以前にも人間の声多数演じている-->
* 本作品の最終話の放映予定日は1992年12月25日であり、内容もクリスマスのエピソードであった。ところが日本テレビでは、12月11日放映予定の第49話が当日[[宮沢内閣]]改造の[[報道特別番組]]の影響で放映されないという事態が起きた。そのため翌週の12月18日では、1時間枠のスペシャルとして、第49・50話を連続放映し、最終話を予定通りの12月25日に放映した。
*本作品の使用曲は、後に「[[マジカル頭脳パワー!!]]」の「マジカルアート伝言バトル」でも使用された。
 
== 関連商品 ==
* DVD『ママは小学4年生 DVD-BOX Vol.1』[[バップ]]、2003年12月21日
* DVD『ママは小学4年生 DVD-BOX Vol.2』[[バップ]]、2004年3月15日
* CD『ママは小学4年生~音楽編~』[[ビクターエンタテインメント]]、1992年5月21日 - 本編での使用曲を収録した[[サウンド・トラック]]集
** 本編での使用曲を収録した[[サウンド・トラック]]集。
* ドラマCD『ママは小学4年生~AFTER~』ビクターエンタテインメント、1993年11月21日
*:* 本編終了後の次の夏、10歳になったみらいがなつみを訪ねて未来からやってくるという内容。後半はサウンド・トラックCD未収録の曲を収録。
*『THIS IS ANIMATION Special ママは小学4年生―みらい絵日記―』小学館、1993年3月、ISBN 4-09-101573-5 - 作品紹介のムック本
** 作品の設定資料などを紹介したムック本。巻末には中森衣都による漫画版の後日談(10歳のみらいが過去のなつみと出会うという内容)が書き下ろしで掲載されている。
* 漫画『ママは小学4年生(1)』小学館、1993年8月、ISBN 4-09-135261-8
* 漫画『ママは小学4年生(21)』中森衣都、小学館、1993年108月、ISBN 4-09-135262135261-68
* 漫画『ママは小学4年生(12)』中森衣都、小学館、1993年810月、ISBN 4-09-135261135262-86
* 110-122780 ママは小学4年生 日本テレビ 番組宣伝テレホンカード(非売品)
* ホワイト加刷 0992 MOVIC<<110-122780>> ママは小学4年生 日本テレビ 番組宣伝テレホンカード(一般販
* <<ホワイト加刷>> SUNRISE`920992 MOVIC ママは小学4年生他2作品テレホンカード(一般販
* <<ホワイト加刷>> SUNRISE`92 ママは小学4年生他32作品テレホンカード(非売品)
* 110-122780<<ホワイト加刷>> SUNRISE`92 ママは小学4年生 日本テレビ 番組宣伝他3作品テレホンカード(非売品)
* 1092 MOVIC ママは小学4年生 下敷き(一般販売用)
 
456

回編集