「ビリーヴド」の版間の差分

*メディアによっては横浜出身と明記されていることがあるが、それは間違いである。Tetsuが横浜に住んでいたことがあるだけであり、プロモーション用デモ音源を彼の家からレーベルに発送していたことが要因と思われる。BEREAVEDは[[神奈川県]]でライヴを行ったことすらない。
*世界には同名バンドがプロ、アマを含め幾つか存在している。中でもスウェーデン出身の[[The Bereaved]]と混同されることが海外の通販サイト、及び日本国内でもたまに見られる。ビリーヴドの旧オフィシャルサイトの掲示板(現在のオフィシャルサイトに掲示板はない)にThe Bereavedのメンバーから名前が似ていることでメッセージが書き込まれたことがある。
*Kenはビリーヴドの前に参加していた[[SCARLET GARDEN]]でドイツの[[インヴェイジョンレコードINVASION RECORDS]]からデビューの予定だった。しかしアルバム制作中完成直後そのレーベルが倒産して幻となる。ちなみにそのバンドでギターソロを弾いていたのは[[Kelly Simonz]]だった。
*[[Reclaim]]のレコーディング時にはドラマーが不在だったため、ドラムレコーディングは[[RITUAL CARNAGE]]のhama氏が行った。
*[[What the wolf brings]]のマスタリングは[[Intestine Baalism]]のKakuzaki氏が行った。
匿名利用者