「烏帽子」の版間の差分

編集の要約なし
 
== 概要 ==
初期は薄い[[絹]]で仕立てたものだったが、のちに黒漆を塗った紙製に変わる。衣装の格式や着装者の身分によっていくつかの種類があり、厳格に使い分けた。正装の際にかぶる[[冠]]より格式が落ち、平安から[[室町時代|室町]]にかけては普段着に合わせて着装した。
 
本来男性用であるが[[白拍子]]など女性が被る場合もある。
 
平安以降、次第に庶民にも普及し、[[鎌倉時代|鎌倉]]から室町前半にかけては被り物がないのを恥とする習慣が生まれた。例えば「[[東北院職人歌合絵巻]]」には、身ぐるみ失った博徒がまだ烏帽子を着けている様が描かれている。しかし戦国時代以降、逆に日常は[[髷]]を露出し被り物を着けないのが普通となった。
 
近代になると烏帽子を固定する髷がなくなったため、頭にすっぽりとかぶり掛緒を顎にかけて固定するタイプのものが用いられることが多い。大相撲の[[行司]]が着用しているのを見ることができる。
:狭義には中世において髻巾子形の部のみを残して他をすべて折り平めて、動作に便宜なようにした烏帽子で、武士や庶民が使用した。室町時代末に形式化して、江戸時代には素襖着用の際の被り物になり、侍烏帽子とも呼ばれた。
*揉烏帽子
:薄布を用い、[[五倍子]]で染めたり軽く[[漆]]をかけて揉んだりして柔らかくした烏帽子。
 
==外部リンク==
匿名利用者