「ヴィサルガ」の版間の差分

m
編集の要約なし
m (綴りを直した)
m
'''ヴィサルガ'''({{lang|sa|विसर्ग}} {{IAST|visarga}}, ウィサルガ)は[[サンスクリット]]で「前に送る、開放」を意味する語で、サンスクリット[[音韻学]]([[シクサー]])ではヴィサルガ(初期の音韻学ではヴィサルジャニーヤ {{IAST|visarjanīya}}とも)は音節末の[h]([[デーヴァナーガリー]]:ः、[[IAST]]:ḥ、[[京都・ハーバード方式]]:H) の音である。
 
ヴィサルガは音節末の/r/および/s/の[[異音]]である。/-s/は単数主格、二人称単数その他、よく現れる語末であるため、ヴィサルガはサンスクリット文章の中によく現れる。サンスクリット音声の伝統的規則ではヴィサルガは[[アヌスヴァーラ]]と共に[[母音]]と[[破裂音]]の間に現れる。
 
[[ヴェーダ語]]文章におけるヴィサルガの正しい発音は派([[シャーカー]])によって異なる。中には{{IAST|aḥ}}を[ɐhɐɐhᵄ]、{{IAST|iḥ}}を[ihiihⁱ]といったように前の母音が摩擦音の後にわずかに響くものもある。
 
{{DEFAULTSORT:ういさるか}}
260

回編集