「藤堂高敏」の版間の差分

編集の要約なし
 
'''藤堂 高敏'''('''とうどう たかとし'''、[[元禄]]6年[[2月4日 (旧暦)|2月4日]]([[1693年]][[3月10日]]) [[享保]]13年[[4月13日 (旧暦)|4月13日]]([[1728年]][[5月21日]]))は、[[伊勢国]][[津藩]]の第5代藩主。父は[[久居藩]]の初代藩主・[[藤堂高通]](高敏は三男)。母は[[福本休悦]]の娘・智鏡院。正室は[[中川久通]]の娘。官位は従四位下。[[和泉]]守。
 
1693年2月4日生まれ。三男であったが、二人の兄がいずれも早世したため、嫡男となる。[[1697年]]に父が死去したとき、まだ5歳の幼少だったことから久居藩の家督は叔父の[[藤堂高堅]]が継ぎ、高敏は成長してから久居藩主ということとなった。ところが本家の津藩において[[藤堂高睦]]の二男が全て早世したため、[[1705年]]に高睦の養嗣子となる。[[1708年]]、高睦の死去により後を継いで藩主となった。しかし藩政においては凶作が相次いで財政が悪化し、正月の餅つきを中止するというほどであった。
 
1728年、疱瘡が原因で倒れる。将軍・[[徳川吉宗]]から薬を下賜されたが一向に良くならず、4月13日に[[津城]]にて死去した。死後、家督は養嗣子の[[藤堂高治]]が継いだ。法号:大輪院殿智月高映権大僧都。
 
[[Category:江戸の大名|とうとうたかとし]]
{{生没年|とうとうたかとし|1693年|1728年}}
匿名利用者