「電子ピアノ」の版間の差分

編集の要約なし
(→‎電子ピアノの代表例: 参考文献欄に出典あり)
* [[水晶振動子]]などの電子回路でピッチ(音高)の基となる信号を発生するので、音程がきわめて正確であり温湿度や経年変化の影響をほとんど受けず、定期的な[[調律]]の必要がない。また、電子回路でピッチや音程を簡単に変えることができるので、多くの機種にトランスポーズやチューニング機能があり、[[平均律]]以外の音律を設定可能な機種もある。また、トランスポーズの設定により通常の88鍵ピアノでは出せない音([[中央ハ]]から3[[オクターヴ]]と長3度以上低い音と中央ハから4オクターヴと[[半音]]以上高い音)を出すという使い方も可能ではある。
* 弦やそれを支えるフレームなどの大掛かりな機械的部品がないので、軽量・コンパクト。したがって概ね低価格になる。
* 内蔵アンプで簡単に音量を変えられる。また、通常ヘッドホン出力を持っており、夜間の練習や[[ピアノ騒音殺人事件#.E3.82.B3.E3.83.B3.E3.82.AF.E3.83.AA.E3.83.BC.E3.83.88.E4.BD.8F.E5.AE.85.E3.81.AB.E3.81.8A.E3.81.91.E3.82.8B.E9.A8.92.E9.9F.B3.E5.95.8F.E9.A1.8C |騒音問題]]回避のことも電子ピアノが選択される大きな理由となっている。
 
電子ピアノには、演奏(キーを押すタイミングや速度など)をデータとして記録・再生出来るものも多く、手軽に自分の演奏を聴き直して客観視したり、連弾の練習をしたりする事が出来る。多くの場合、[[MIDI]]に対応している。
75,131

回編集