「ビル・ローレンス」の版間の差分

編集の要約なし
== 概要 ==
初期のリプレイスメント用ピックアップの開発で有名である。
外見は特徴的でポールピースがブレード状にデザインされている。これは[[チョーキング]]時の音切れを考慮したものだとされている。一時期、同社のブランデイングでモリダイラ楽器がギターを製造していた。
代表的なモデルは森高千里、シャケモデルなどで、ベテランやプロミュージシャンが使用する事があまりなく、安価なイメージが先行し、商業的にはあまり成功はしなかった。
 
ビル・ローレンスはエレクトリックギター初期からピックアップ作り、ギターに携わり、ジミヘンのストラトの改造、セットアップもビルである。[[ディマジオ]]社のラリー・ディマジオ、[[バルトリーニ]]社のビル・バルトリーニにピックアップ作りを一から鍛え上げた
 
Dimarzio、バルトリーニにピックアップ作りを一から鍛え上げた。
代表的なピックアップにL-250、L-500があり、外見上の特徴的でとしてポールピースがブレード状にデザインされている。これは[[チョーキング]]時の音切れを考慮したものだとされている。一時期、同社のブランデイングでモリダイラ楽器がギターを製造していた
代表的なピックアップはL-500。
 
おそらく最初にビル・ローレンスのピックアップを使い始めたのは[[ジョー・ペリー]]だろう。一時期は停滞していたが、[[ダイムバッグ・ダレル]]や[[ヌーノ・ベッテンコート]]の使用で音質やデザインの確かさが再認識された。ちなみに[[セイモア・ダンカン]]がダレルの為に開発したダイムバッカーはビル・ローレンスのピックアップ・デザインの特徴を模倣し、踏襲した概観と構造を備えている。
 
また、一時期、同社のブランデイングでモリダイラ楽器がギターを製造していた。代表的なモデルは森高千里モデル、シャケモデルなどで、ベテランやプロミュージシャンが使用する事があまりなく、安価なイメージが先行し、商業的にはあまり成功はしなかった。
 
{{DEFAULTSORT:ひるろれんす}}
匿名利用者