「カルボカチオン」の版間の差分

m (リンク変更(プロトン→水素イオン))
現在では平衡反応が起こらないような低温や固体中で[[核磁気共鳴|NMR]]を測定しても1種のカチオンしか見られないことや[[計算化学]]からの結果から非古典的カルボカチオンの構造が妥当であると考えられている。
 
[[Category{{DEFAULTSORT:有機化学|かるほかちおん]]}}
[[Category:有機化学]]
 
[[Category:反応中間体]]
[[de:Carbokation]]
[[en:Carbocation]]
20,712

回編集