「クイックモーション」の版間の差分

 
実戦で使えるようになるには充分な練習が必要であり、未熟な投手の場合は球速が落ちたり制球が悪くなることもある。フォームによっては体への負担が大きくなり、'''投手生命を脅かす'''場合すらある。そのため、クイックを用いずにセットポジションから牽制を多投する事で走者の動きを封じようとする投手もいる。また、[[小山正明]]などクイックモーションに批判的な解説者もいる<ref>小山の場合はクイック自体よりクイックモーション時に投球の質が落ちる投手を批判している。</ref>。
 
アメリカではこの様な投法は'''スライドステップ'''(slide step)と呼ばれているが、使用している投手は日本と比べると遙かに少ない。
 
== 脚注 ==