「オワンクラゲ」の版間の差分

編集の要約なし
*[[遺伝子組み換え]]生物を作るために、[[遺伝子]]の[[ベクター]]として用いられる合成[[プラスミド]]「[[pGLO]]」はこの種から生成される。
 
*[[緑色蛍光タンパク質]](Green Fluorescent Protein; GFP)の働きにより、刺激に反応して生殖腺を青白発光させる。同物質は、[[1960年代]]に[[下村脩]]により発見された(研究の為85万匹もの大量捕獲をしたという)。GFP遺伝子は{{jdate|1992}}に単離され、現在、自然由来の手軽な蛍光標識として[[生化学]]の実験分野で広く用いられている。下村はこの研究により、{{jdate|2008}}の[[ノーベル化学賞]]を受賞した。
 
==関連項目==
匿名利用者